八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

北ミサイル発射に思う

いよいよ明日、北のミサイルが日本に向け飛来する。
飛行ルート及び、その周辺地域では厳戒態勢が敷かれているだろう。
漁師さんや往来する船舶に制限がかけられ、航空管制も慌しいことだと思う。

テレビの報道バラエティ番組ではあいも変わらずコメンテーターが、
ミサイルが飛んできたら、落ちてきたらどうするのと毒を吐きまくっているが、
堕ちてくる目先の心配より、この有事に対し心の備えを持つことが重要ではないか。

迎撃しなきゃ、日本を飛び越えていくでしょう、それでいいじゃないか。
打ち落とす必要は無い。と福島みずほが言っていたが、
北のミサイルは平和利用の人工衛星などではなく、ミサイル本体が兵器だということを全く追求しない。
打ち落とせば、破片が本土に飛来し、被害を蒙るではないかともおっしゃってた。

まったく、支離滅裂である。

かつて、一度本土を飛び越え太平洋に落下したことをお忘れなのだろうか。
この時、日本はなにもできず仕舞いだった。

かの国は、日本が毅然とする態度を示さないと分かっているから、何度も恫喝を繰り返してきた。
ロシアや、シナ中共に向けて打ってみればいい。すぐさま報復攻撃を受け、滅亡するだろう。
だから、態度のハッキリしない弱腰な国を狙ってくるのだ。

川村官房長官が先日、北朝鮮に対し今月13日で期限を迎える経済制裁をさらに一年延長すると公表した。明日、もし北が発射した場合はさらに追加の経済制裁を課すとまで明言している。

北朝鮮は、日本が我が国の威信を懸けた平和衛星の打ち上げを阻止するなら、日本に宣戦布告すると恫喝している。
やってみるがいい、できるわけがないだろうw
かつて、経済制裁を日本が追加すると決めた時、東京を火の海にすると朝鮮TVのアナウンサーが公開発表していたが、結局何も起こらなかった。

仮に北が日本に戦争を仕掛けてきたら、北朝鮮は真っ先に滅ぶのは自明の理である。
日本が壊滅的な打撃を受ければ、東アジアの平穏?は一気に不安定になり、世界中が破滅の危機に直面する。日本無くして、世界の安定は成り立たないのだからね。

日本のこれから。
明日の結果次第で、日本の岐路が決まると言っても過言ではないだろう。
いまこそ、国家としての信を問い、国際社会に毅然として日本のあるべき姿を示す絶好の機会になることを強く望んでいる。

お花畑の平和なんかいらない。世界は弱肉強食なのだから、やらねばやられる。
日本国憲法を無効宣言し、明治憲法に戻しこれを改正の論議になることを。
世界にハッキリと物を言える国になることを大いに期待したい。

WBCの優勝で勝利の余韻に酔いしれた日本国民。
日本人の底力は半端ないものだ。内在無限の力を信じようではないか^^

Category : 北朝鮮
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/85-c42497fd
該当の記事は見つかりませんでした。