八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

本性を現した?小沢一郎

 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」
この小沢党首の発言により
2chにて、03/02(月) 00:43:11に立ったスレは24時間経過後27スレ目に伸び、祭り状態になっているヾ(*ΦωΦ)ノ

【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か~産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090302/stt0903020008000-n1.htm

 2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発し
た言葉に会場は一瞬凍りついた。

 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人
かください』って言うしかないだろ」


 日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させ
る-。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。

 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。
 2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊で米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋
を広げた。「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発
言の真意を、側近は「安保論議を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。だ
が、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。
 「民主党に国民は不安も抱いている」。1月18日、民主党大会で国民新党代表、綿
貫民輔はこう指摘した。民主党が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論
は、野党の足並みも乱している。
(後略)


TVで紹介された模様。
ozawanews01.jpg

先日も「極東の米軍は第七艦隊だけで十分」なとど根拠のない支離滅裂な発言をしていた。
第七艦隊だけとは、すなわち僕ら保守の側から見ると、村山談話の撤廃・非核三原則の見直し・憲法見直し(自主憲法の制定)・スパイ防止法制定・集団的自衛権の行使などなどの自衛手段を整備した後、可能となるだろう。
反面、左翼の側から見れば、国内に配備されている在日米軍の撤退後、シナ中共や北朝鮮・ひいてはロシアへの国家主権委譲を意味し、現行憲法の前文のままに「われらの安全は平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する・・・」ようするに国を売ります・差し上げますということになる。
このことを補強する意味で「他の国の有事に自衛隊が参加することはありえない」と言っている。

第七艦隊発言は、上に述べたようにどちらにも当てはめることができる。
小沢氏の弁解は「我々は政権与党じゃないですから、政権を取った上で、アメリカと協議する」としている。日本の防衛は日本自身で護るべきだとも述べているが、ではどのような形の防衛戦略を謳うのか、全く分からない。”政権取ってから決めます”では、責任政党に値しない発言だ。
首を傾げたくなる。

話を戻し、”金で拉致を解決”と公言していた模様(;´д`)
この発言が公の場で述べたとすると、小沢は国賊・罪人、立派な売国奴である。

しかも、「何人か下さい」とまで付け加えている。 こんな姿勢だから犯人は付け上がってくるのよ。
カネを渡しても、次から次、後々となんども際限なく拉致が繰り返されるのは自明の理である。
ニセの遺骨を持ち出して、幕引きを図ろうとしたテロ国家北朝鮮こと金正日。
残虐非道な輩には年老いてもなお当事者の帰国を願う家族の嘆きの声は届かないのだろう。

脳内お花畑の平和主義者たちも憲法九条護持のままでは国民の命は護れないのだから、いいかげん間違いであることを知れ。

しかし、、、一連の小沢発言で彼の心理が読み取れない。なにが狙いなんでしょうね。



Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

近野 says...""
小沢は議員辞職すべきです。

泥棒に金を払うなど非常識です。

ランクリ○です。
2009.03.03 02:52 | URL | #- [edit]
カート茶 says..."Re: 小沢秘書逮捕"
> 小沢は議員辞職すべきです。
>
> 泥棒に金を払うなど非常識です。
>
> ランクリ○です。

誘拐犯との取引に人質の命を金銭でもって解決する様は臆病者・卑怯者以外の何物でもありません。万死に値します。
2009.03.04 23:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/70-7d1169ca
該当の記事は見つかりませんでした。