八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

今年を振り返る

早いもので平成20年が終わろうとしています。
年を重ねる毎、時間の流れは一瞬の瞬きのうちにその加速度を早める感が拭えません。
歴史もまた光の速さの如く一年また一年と導水していきます。

これまでの日本は幾多の波乱と混乱を背に常に平和と安寧を希求する努力をしてきました。
人は困難に直面した時には、その解決策として努めて過去を振り返ることで、自身の身の丈と等身大を省みることに他なりません。

その解決策には、常に自分はどうだったのか。どのような行動をしてきたのか。
自分の立ち位置はどこにあるのか、過去を顧みることが必要です。

今、ネットブログと云うツールを生かすことで、これまで見えてこなかった世界が広がった気がします。
自分は唯単なる自身のために、自己利益だけを考えているうちは、外の世界が見えないからです。ネットの巨大な情報の海に浸かることで、外界との接点を知ることが可能になります。

実生活のなかで半径1メートルの狭い空間、その立ち位置に囚われて周りが盲目になることのもどかしさ。不安や焦燥といった観念は、とても恐ろしいもので、ポジティブになり難い。

三島由紀夫さんは語りました。

(人は)何時死ぬかという恐怖もないではないでしょうが、
死が生の前提になっているという緊張した状態には無い。
そういうことで仕事をやっています時に、なんか生の倦怠といいますか、

ただ人間が自分のために生きようということだけには、
卑しいものを感じてくるのは当然だと思えたんです。


人間の生命というのは不思議なもので、
自分のためだけに生きて、自分のためだけに死ぬってほど人間は強くないんです。

人間は何か理想なり、何かのためということを考えているので、
生きるもの、自分のためだけに生きることにはすぐに飽きてしまう。

すると死ぬのも(生きることにも)何かのためということが必ず出てくる。
それが昔言われた大義というものです。



現実世界の中でいかにして自分の足固めをするか。ネットは道具に過ぎませんから、これに頼るだけではなく、生活の中で家庭に社会に国家に世界と接点を持つことを旨としたい。

来年は何時もに増して波乱多き年になるでしょう。
誰かのために、大義のために出来ることをしていこう。

平和呆けから脱却し、独立主権国家日本の再興を願いつつ、
森羅万象皆師友、すべての人に幸多き年になりますよう。

合掌

Category : 未分類
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

愛信 says..."愛国を叫ぶ国会議員はいても、売国を叫ぶ国会議員はいない"
愛国を叫ぶ国会議員はいても、売国を叫ぶ国会議員はいない
●小泉改革で人間不信が蔓延した。信じられるニッポンを取り戻すため、亀井先生の理想が現実になるように切望する。
【新党勝手連の掲示板】はこちらをクリックして下さい。。
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi

愛国を叫ぶ国会議員はいても、売国を叫ぶ国会議員はいない、国会議員の生の声を聞こう、
年末の挨拶、年始の挨拶、活動報告が分る愛国国会議員ホームページはこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi
2008.12.31 02:19 | URL | #EBUSheBA [edit]
says..."国益を考える講演会"
国益を考える講演会

「3月22日・・・真実を知ってほしい」

(入場無料・全席指定・定員1600名)

◆ご案内ホームページ◆ 
http://kokueki.cool-biz.net/

◆特別講演◆
菅沼 光弘 
元公安調査庁・調査部第2部長

志方 俊之 
元陸上自衛官陸将・北部方面総監

青山 繁晴
株式会社独立総合研究所 代表取締役社長・兼・首席研究員 

◆特別ゲスト◆
田母神 俊雄 前航空幕僚長
2008.12.31 16:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/50-1d407bf0
該当の記事は見つかりませんでした。