八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

胡錦濤に天皇陛下がチクリ

(記事より)
天皇皇后両陛下は五月九日、胡錦濤主席を滞在中のホテル・ニューオータニにわざわざお訪ねになり、お別れの挨拶をされた。

宮内庁記者はこう語っている

七日の宮中晩餐会で佐渡での繁殖に成功したトキの話題を話されているのですが、このニューオータニの会議でも、再び陛下はトキの話題に触れられたのです。




陛下
「農業で農薬が使われないことが重要です。」




胡 「放鳥したトキから雛が生まれ、環境はトキにとって良くなっていると思います。」




すると陛下はこう続けられた。

「動物にとって良いことは

人にとって好ましい環境ということですから、

環境は大事だということです。」



この発言は、宮内庁や皇室関係者の間で、「陛下がチクリと中国の環境悪化に
ついて指摘された」と盛り上がったという。

自然と国民を何よりも大切にされている陛下らしいご発言である。自然も国民も大切にしない中国共産党主席に対しては、耳の痛いご発言であったろう。

 この逸話から思うことは、元首が生物学者であられるというのは、自然を大切にする我が国が誇りとすべき国柄の一つである、という事である。
(記事ここまで)
週刊文春、平成二十年五月二十二日、「胡錦濤に環境破壊をおたしなめになった『天皇のお言葉』」


(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ 

戦後63年、皇室外交の場において、陛下が相手国の急所を突く発言を
されたのは今回が初めてとのこと。

トキの誕生に絡めて”毒ギョーザ”や”チベット、ウィグルの人権問題”に言及しています。
陛下のご行動・ご発言は、先が見通せるのではないかと思ったりもします。
いままで、陛下ご自身の判断で踏み込んだ発言は起こりえなかったし、
なによりも、ご自身のご発言により国民に支障をきたす事、
またそのような思いをせずにと、御思いになられてのご発言である。



このお言葉を聞いたコキントウは狼狽したらしい。


しかし。。。
今の総理ときては、、、相手の嫌がることをしない的態度だもんなぁ。。。
なさけなくて泣けてくる( TωT)




河野談話撤回署名にご協力くださいhttp://kounodanwa.com/

今改めて問う 河野談話とは何か?http://youmenipip.exblog.jp/i26

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/4-4c580f69
該当の記事は見つかりませんでした。