八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

アグネスと児童ポルノ法

妙な名前の法律ですね。

要するに児童虐待をなくしましょう、
類似の事件を起こさないように根絶します。
青少年に対する性的虐待や買春を防ぎます。というのが目的らしい。
(青少年とは18歳未満の男女を指す)

それか「青少年虐待禁止法」とかすればいいとおもうのだが。。。

このタイトルからして上記の要旨には遠い内容に感じる。
まずね、名前がいけない。
ストレートに露骨に、児童”ポルノ”ですからね苦笑
子供に「ポルノって何?」って聞かれたら説明に困るだろうがw

それはさておき、1999年法成立後虐待件数は
犯罪が減ることはなく、際立った効果は見られないらしい。

こんなのを見つけました。

ここに載せる間に削除されとる・・・汗

幸い、一時ファイルが残ってるので要約すると、
2008年4月7日NHK放送の「視点・論点」アグネス・チャンの一人語り。
日本ユニセフ親善大使の肩書きをお持ちのタレントさんです。

冒頭からいきなり 悲痛な表情で迫ります。

HIVエイズの患者拡大により、買春を生業をする人達が、より若く、より若く、

性的交渉のない子供たちを使おうと言い出した。

それによって、子供は体を売られ、沢山の犠牲者がでてきた。

また、ネットの拡大によって児童ポルノをいつでもだれでもどこでも手に入れるようになったと。

合わせて犠牲者も沢山増えているという。

毎年百万人以上犠牲になっていると言われていると。

スウェーデンのストックホルムでエイズ撲滅の国際会議が行われた。

そこで、日本は加害国であると指摘されたんです。





( ‥) ン?




日本が加害国???



つづけて、




日本人は東南アジアに出かけるなどして少女買春を増やしていると。



とどめは、



日本は児童ポルノの輸出国であると指摘されたんです!

沢山のポルノ映像が世界に向けて発信されている





基地害ですね。。。。(ーー;)


ブログ主が気にいらないのは
なぜ日本が大々的に加害者として扱われるのかという一点。
ポルノや買春は世界各地で蔓延しているだろう???
ことに”児童や青少年”に関しては日本は世界で最も規制が厳しいのだ。
しかも、輸出国って・・・。
日本が国を、国家を上げてポルノを奨励してるのか?w
もうね、アホかと、バカかとwww
個人単位でみれば、その類の輩はいるだろうが、
国でなくこいつらをターゲットにすればいいだけのこと。


番組の中で世界各地の子供たちの画像がでてきますが、
日本のは見当たらず、エビデンスがありません。

児童ポルノ法とアグネスの関係もそうですが、
この法で効果がないと見たのか”所持禁止”とまで加えた法改正が審議されるとか。
不穏な空気を感じます。

もう、これは悪意を持った輩がわが国を貶めようとしているのではないのか(`□´)。
アグネスもアグネスだ。
公共放送NHKのTVに出てきて、
日本を悪者扱いし、

それに加え、


なんの悪びれもなく堂々と子供を持ち出すその神経を


疑わざるを得ない。



国内での児童ポルノ法とアグネスとその背後に見え隠れする不穏な影。

NHKもおかしなところありますよね。。。


動画ありました。


veoh動画




河野談話撤回署名にご協力くださいhttp://kounodanwa.com/

今改めて問う 河野談話とは何か?http://youmenipip.exblog.jp/i26


Category : 児童ポルノ法
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

風来ユーキ says...""
すでにご存知の記事かもしれませんが、
日本ユニセフについて調べられた方のまとめ記事。

【日本ユニセフ協会の謎 ~野良里蔵狸】
http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-281.html

ピンハネ率10%に豪華ビル・・・募金が全て困っている人の元へ
行っていると思ってる人には心外かもしれませんね。
2009.02.05 17:51 | URL | #NJsiWxd2 [edit]
カート茶 says..."Re: タイトルなし"
おお、有益?な情報ありがとうございます。

アグネスはやはり睨んだとおりでした。とんでもない組織ですね ヽ(*`Д´)ノ
2009.02.05 23:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/3-cc779080
該当の記事は見つかりませんでした。