八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

昭和の日をお祝いする集い。俳優津川雅彦さんのスピーチに感動。

先ほど、4月29日九段会館にて昭和の日をお祝いする集いが開かれました。

チャンネル桜 ― 2010年05月02日 ― 激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたすため、昭和天皇のお誕生日が祝日となった「昭和の日」をお祝いするために開催された『「昭和の日」をお祝いする集い』の模様をお伝えします。


http://www.youtube.com/watch?v=WINbEnchw-U&playnext_from=TL&videos=LcUH0sJM84c

3:20あたりから文字起こし

家族と云うものを大事にしたい。それがあの・・・夫婦別姓なんていうところの、世も末っていう法案が鳩山によって出されておりますが、

なにより、僕は“その心が大事だ”というこの日本文化。心の文化。
その中でも、天皇陛下、昭和天皇が行動で示してこられた“徳”徳の文化。
これこそが日本人の誇るべき文化でありまして。

じゃ、徳というのはどうしたら出来るのか。孔子も言っておりますが、一に孝。
だから中国の兵隊たちはですね、戦いをしてても故郷の家族が父が病気になると戦いを捨てても見舞いに行きます。

しかし、大東亜戦争の最中、日本人はどうだったでしょうか?

みんな“天皇陛下万歳”と言って死んでいきました。

左翼はですね、この天皇陛下万歳は嘘なんだと、建前なんだと。そして次に“母さん”と言って死んでいったと、この母さんが本当なんだと。その前の天皇陛下は、あれは建前なんだと。自慢なんだと嘘だと言って我々に教えました。

つまり昭和15年生まれというのはですね。終戦の翌年、21年の4月に(小学)一年生になる。
つまり戦後の初めての小学校一年生が私の年代です。
ですから戦後の教育を真っ当浴びてきた人類なわけで、日本人なわけでございます。

愛国とか天皇とか、そういうことは一切省かれて教えられてきました。

しかし、我々はまだその前の世代を家族の思想を継いでおりますから、国を愛することとかもちろん家族を愛することと同時にもっと尊い天皇陛下というものが我々にとってはかけがえのない存在として、国を愛することを人格化して天皇陛下と。そういう意味で我々は教えられなくても(そんな)気がしておりました。

しかし、どんどん、先ほど皆さんもご心配なさっておりましたけれども。
愛国精神、愛国なんてことをですね、友愛とかなんとかで誤魔化してですね。

天皇陛下万歳ってことをですね、言って死んでいった。そのあとにお母さんと言った。お母さんが本当で天皇陛下は嘘だった。そんなバカなことが皆さんできますか?(拍手)

死に際ですよ。死に際。例えば特攻隊でもう敵艦が目の前にいて、さあ!俺は死ぬぞと思った、つまり何秒前です。その時に“天皇陛下万歳!”そして最後に“~お母さん!”二つとも本当に決まっているじゃないですか!(拍手)

死に際で建前と本音を使い分け出来ません。人間は。

左翼の人間は別でしょうけど。もぅ建前だけですからあの人たちはね。
平等なんてとんでもない悪平等です。

平等に必要なのはそれは基本的人権? いや、人権じゃない。

つまり人間と動物も植物も生きているもの同じように愛するという意味での平等が必要です。

そんなことを建前にして敗戦だの平等だの言っているヤツほどインチキなんです。(そうだっ!拍手)



天皇陛下万歳という人はクリックを^^

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/168-f89b1209
該当の記事は見つかりませんでした。