八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

たかじん~南京大虐殺の嘘

higasinakano.jpgテレビで取り上げることが皆無な”南京大虐殺”について。
この事件が戦後日本社会の元凶だと言っても過言ではないだろう。
参考過去記事→東京裁判の根拠
なんと、過去に”たかじんのそこまで言って委員会”に取り上げられていた@@


ネットでしか容易く手に入る場所がなかったため、この虐殺は嘘だという視点から
地上放送より一般社会に公開されたというのは決して小さなことではない。

動画には支援コメントが多い中、反日の工作員のコメントに焦りが見られます。

大虐殺の証拠として使われた写真が全て捏造であると東中野教授は述べられている。
「これは歴史の検証作業なんです。虐殺があったかないかは別次元の問題なんです。
これらの写真が真実なのかどうなのか。疑問点・矛盾点はないのか。出所はどこで、
どういうふうに伝えられていったのか。そこを押さえているわけです。」


(コメント消せます。リンク先の動画ウィンドウ右下のひよこ?COMMENTをクリックしてXにしてください)


出演者のデーブ・スペクターはしつこく、
捏造されていることを承知の上で虐殺を正当化、つまり”実際にあった”ということで
写真を特化して使ったとは考えられないのか?という旨の質疑を投げかける。

これに隣の宮崎哲弥さんが激しくツッコミ。
「デーブさんの言っていることは、例えば”UFOは実在する”という前提で
(UFOを撮影した)捏造写真を使うことも許されるんだ。そういう論法になってるよ。」

デーブ「矢追純一がそう言ってる。」(スタジオ失笑)

(* ̄m ̄)プッ ボロがでたなw

なるほどね~^^

結論を言うと、証拠写真は全て捏造である。
よって南京での大虐殺があったという理由にはならない。
だが、大虐殺は”ない”という結論付けもできないのだ。

金美齢 「あくまで大虐殺はあったとするならば、中共は明確な証拠を出すべきですよ。」

おっしゃるとおりです(`0´)

いまだに決定的な”あった”とする証拠は提示されていない。
当の中共はそんなことは気にも留めず、
南京大虐殺を正当化させるためにいくつものドキュメンタリー映画を世界各地に向け
輸出している。
1985(昭和60)年南京に屠殺記念館がオープン。”抗日記念館”等複数の呼称がある。
2007年12月には拡張工事を行い、一種のテーマパークが建設されたのだ。

中国人の中から「愛国虚言」という言葉が出てくるそうだ。
それは中国では国を愛するあまり、国の敵への憎しみが深いほど虚言は大きくなる。
そしてひとたび「愛国虚言」が出現すれば、たちまち民衆にとってタブーになり、
虚言と知りつつも異論を唱えることはできなくなる。
そしてこのタブーを犯して真実を公言すると、漢好(裏切り者、売国奴)のレッテルを
はられるというのだ。
稲田朋美著「百人斬り裁判から南京へ」


こんな価値観を異にする国とどうやって付き合おうというのか?

日本は自らの言い分をはっきり発信発言し、やつらに屈服してしてはならない。

おまけ 南京大虐殺の虚構(The fake of Nanking)

この動画は、未成年には不適切な可能性があります。 と脅しがでるが無視しておkです^^

TRAILER~「南京の真実」 本邦初、南京の虚構を暴く映画



Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/15-1398afdd
該当の記事は見つかりませんでした。