八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

小沢は不起訴となる模様だが・・・。注意しなければいけないこと。

報道どおり、検察は小沢を不起訴とする見方が各方面で強くなっている。
ほぼ、確定ということらしい。

今回の件は小沢が陸山会を通じて不動産を購入した際の報告書?に虚偽の記載をしたという点。
この点に限り不起訴と判断される。
もっと言えば、小沢が(虚偽記載をして)逮捕された秘書との共犯容疑で立件されたが、証拠不十分なため検察が起訴を見送ったということである。

ただし小沢にかかる疑惑は他にいくつもあるので(脱税や違法献金等等)これについては今回の件も含めて引き続き捜査継続とのこと。資金の原資の解明が一番の目的。


TV・新聞がどう報じるか見ものだが、今回の件を機に小沢は灰色で疑問は残るけれども、ここで一区切りつけようと沈静化を図るものと思われる。
その例が高速道路無料化の実験的実施。
トヨタ騒動・芸能関連も注目せねばならない。
反日左翼どもは表の騒ぎの裏でこそこそと怪しいことをするのが常套手段なのだ。
卑近な例を挙げれば一昨年に議決された国籍法改悪をTVは報じず、田母神航空幕僚長更迭と小室逮捕で世間を賑わせた。麻生総理が外遊の時にである。
チャンネル桜の水島社長が"朝まで生テレビ"の中でTVが報道しないことを指摘したが、田原を初め全員がスルーした。

今回の騒動で鳩山も小沢不起訴に確信を得たのか強気の姿勢を見せはじめている。
一日から二・三日へと態度が変わるのが分かる。

【2月】

 「捜査を冷静に見極めることが今、大事ではないか。(進退は)ご本人が判断されることだ」(1日、小沢氏再聴取について記者団に)

 「今日までの小沢幹事長の活動を考えれば当然、選挙も仕切ってもらいたいと思っている」(2日、記者団に)

 「この時点で小沢幹事長は幹事長として仕事をやってもらう」(3日、記者団に)



詳しくはこちら
日本の底力(Core Competency of Japan)さんのブログをご覧ください。
青山さんの解説動画と併せて今後の動向を記してくださっています。

ぼやきくっくりさん アンカー文字起こし
「アンカー」小沢氏不起訴の真相 検察の戦いは第3章へ

検察は今後とも圧力に屈せず、堂々と法に照らして粛粛と進めていただきたい。
今は我慢の時。隠し玉が出ることを期待^^

正義の鉄槌が下される日は近い。



Category : 未分類
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/144-b76952fd
該当の記事は見つかりませんでした。