八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

(~_ーメ) プルプル NHKって何様?



みなさんこんばんは。直言・極言の時間です。
昨日、12日ですけれども、天皇陛下ご在位二十年ということで、
祝典が政府あるいは民間で行われました。
昼間三万人、夜三万人ということで、約延べ六万人のみなさんが
この奉祝祝典に参加なさいました。

たいへん私もお招きいただきまして、参加したわけでございますけれども、
その中で天皇陛下がお出ましになりましてですね、
お言葉を皆さんにかけられました。

そういう中で私もそうだったですけど他の人も感動したのはですね、

「今後、皆が協力して、力を尽くし、良い世界を築いていくことを願っています。」

皆が協力して、力を尽くし、良い世界を築いていくことを願っています。
こういうお言葉のなかにそういうことがございました。
ほんと、これは涙で聞いた方も多かったと思います。
かくいう私もほんとうに胸が詰まる思いで陛下のお言葉を聞かしていただきました。

というのはですね、なにかというと、
本当に陛下は私心やあるいは計らい、そういうものを持たずに
本当に真心あふれるお言葉として、みんなが協力して、そして良い世界を築いていくことを願う。
こういうお言葉でございました。

本当にそう思われてお話になっているので、
まっすぐに私たちの心のほうに届くわけであります。これが天皇陛下のお言葉であります。
そして最後にですね、その日は天が降ったり非常に冷え込みました。
寒い中で皆参列したわけでありますけれども、こういうお言葉をかけていただいてですね。

「しかし少し冷え込み皆さんには寒くはなかったでしょうか?
ほんとうに楽しい一時でした。どうもありがとう。」

そういうお言葉でした。
シンプルな物言いのように思われますけれども、
本当に一つ一つのお言葉が私たちの胸に響く言葉として私たちの胸に届きました。
こういう自分のことよりも
国民のことあるいは社会のことあるいは国家のこと、こういうことを常にお考えになっている。

こういう君主は世界各国どこの国にもおりません。
国王とかそういう人達は支配するあるいは征服して国を支配する。こういう皆さんであります。
皇室というものはどういうものかここでよく分かったということは、皆さん思ったんではないか。

しかし、こういう陛下のお心をメディアは本当に伝えたか?
まったく伝えていない。特にNHKであります。
本当にこの局は腐り果てている。と思うのはですね。

この12日の夜の7時のニュースというところでですね、こういうですね、
所謂、反天皇デモであります。
”天皇在位二十周年を祝わない” こういう誠に無礼千万な人達。
幾ら民主主義の世の中といえ、こういうことをやる連中がいたわけであります。
こういう連中が居るのはしょうがないでしょう、こんな反日左翼みたいなの沢山いますから。
しかしですね、これをNHKは祝典のニュースの前にこれを流す。

たかだか数十人のこんなデモをですね、大事な祝典の前にこういうものを放送する。
許しがたい蛮行というかですね、恥知らずな行動だと思います。
こういうことが行われそしてですね、昨日、今日もそうなんですけれども、
朝の7時のニュースの五番目位に陛下のご在位二十周年。こういうニュースを流しましたけれども。
そのあとにですね、アンケートというひとつはですね、
”天皇は憲法で定められた象徴としての役割を果たしていると思うか” 尋ねた。

いったい何様だと思っている!と。
まるで誰かが雇ってですね仕事をちゃんとやっているか。
こういうものをですね、確認するような、このような無礼千万なですね、
自分たちを何様だと思っているかというようなことを実はNHKが放送して、
85%はだいたい果たしていると。

私たちは皇室を雇っているわけではない ということであります。
このことを全く自覚しないこういうTV局の人間がこういうニュースを流す。

まことに不敬でもありますけれども、こういう立場で皇室を見ている。
今日の朝のニュースでも、
こういう”(皇位)継承”の問題、70%以上が女性天皇でもいいと言っていると。
そういう話に全部持っていく。

まことに政治的なイデオロギーを優先させた反日、反天皇、反皇室のこういうTV局。
これははっきり私は今日思いましたけれども、以前からもちろん申しておりますけれども、
(NHKを)解体するしかない。いうふうに今日は思ったわけであります。

あまり、陛下のご在位二十周年をお祝いする翌日でございました。
こういうことを言いたくはありませんけれどもあまりにもひどいニュースということで、
今日はこんな話をさせていただきました。

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/116-f0a5f08e
該当の記事は見つかりませんでした。