八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

天皇陛下 和船の櫂を漕ぐ

動画リンク 日テレ24



heikawafune01.jpg


以下 産経webより

 葉山御用邸(神奈川県葉山町)で静養中の天皇、皇后両陛下は14日早朝、御用邸近くの海で和船にお乗りになった。天皇陛下はご自身でろをこがれ、秋篠宮妃紀子さまと長男の悠仁さまも同乗された。

 午前7時過ぎ、両陛下は黄色い救命胴衣を持って海岸へ徒歩でおいでになった。紀子さまに抱かれた悠仁さまは、関係者に「おはようございます」と元気にあいさつされた。

 両陛下は、ろが2つある「二挺艪(にちょうろ)」と呼ばれる和船を関係者とともに艇庫から出し、紀子さまと悠仁さまを乗せてご出発。陛下ご自身が、ゆったりとろをこがれた。皇后さまも時折ろを握られた。わずか20分ほどだったが、両陛下と紀子さま、悠仁さまは穏やかな海を楽しまれた。

 宮内庁によると、陛下は栃木県の奥日光に疎開中の小学生時代から和船に親しまれた。最近では、昨年9月と今年5月の葉山御用邸での静養時にも和船に乗られている。

 下船時には陛下が悠仁さまを抱き上げられるほほえましい場面も。両陛下は船を艇庫に戻すのも手伝われた。お帰りの際、陛下は報道関係者に自ら声をかけ、「海がとてもよかったので、よかったです」などと笑顔で語られた。

引用ここまで。



今は亡き祖父のことを思い出しました。
祖父も和船乗りで櫂を漕いで漁をしていた昔話をかつて聞かされた記憶があります。

陛下のお船や櫂を漕ぐ姿は労働(漁をする)であり、先帝陛下から授かったという和船も
日本のよき伝統文化であり実体験を通して子孫に伝える役割をなさってるような気がします。
秋篠宮妃殿下や悠仁殿下にはどのように映っているでしょうか。

波に揺られ秋の風を感じる最中、どのような思いをめぐらせているのでしょうね。
不思議な心持になりました^^


Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yakumotatu.blog36.fc2.com/tb.php/103-a3dbe7bd
該当の記事は見つかりませんでした。