八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

桜キャスターが歌う「歩兵の本領」と「われは海の子」に感動


2/5http://www.nicovideo.jp/watch/sm11773551
3/5http://www.nicovideo.jp/watch/sm11773421
4/5http://www.nicovideo.jp/watch/sm11773688




歩兵の歌(歩兵の本領

1.
万朶の桜か襟の色
花は吉野に嵐吹く
大和男子と生まれなば
散兵戔の花と散れ

2.
尺余の銃は武器ならず
寸余の剣何かせん
知らずやここに二千年
鍛えきたえし大和魂

3.
軍旗まもる武士は
すべてその数二十万
八十余ヶ所にたむろして
武装は解かじ夢にだも

4.
敵地に一歩我踏めば
軍の主兵はここに在り
最後の決は我が任務
騎兵砲兵共同せよ

5.
アルプス山を走破せし
歴史は古く雪白し
奉天戦の活動(はたらき)は
日本歩兵の粋(はな)と知れ

6.
退く戦術(ことわ)我知らず
見よや歩兵の操典を
前進前進また前進
肉弾とどく所まで


7.
ああ勇ましの我が兵科
会心の友よ来たれいざ
ともに語らん百日祭
酒盃に襟(えり)の色うつし
われは海の子

1.
われは海の子 白波の
騒ぐ磯辺の松原に
煙たなびく苫屋こそ
我が懐かしき住家なれ

2.
生まれて塩に浴(ゆあみ)して
波を子守の歌と聞き
千里よせ来る波の気を
吸いて童となりにけり

3.
高く鼻つく磯の香に
不断の花の香りあり
渚の松に吹く風を
いみじき楽(がく)とわれは聞く

4.
丈余のろかい操りて
行く手定めぬ波まくら
百尋千尋 海の底
遊びなれたる庭広し

5.
幾年ここに鍛えたる
鉄より堅き腕(かいな)あり
吹く潮風に黒みたる
肌は赤銅(しゃくどう)さながらに

6.
波にただゆう 氷山も
来らば来れ 恐れんや
海まき上ぐる たつまきも
起らば起れ 驚かじ

7.
出で大船を 乗出して
われは拾わん 海の富
出で軍艦に 乗組みて
われは護らん 海の国


私的には6番が好きだったりします。
熱唱の田母神さんの後、防人の道キャスターのお二人による”われは海の子”も感慨深いものがありますね。
驚くことにこの歌は7番まであるそうです。中身は動画を見てのお楽しみってことでw

父の愛用していた軍歌レコードはお蔵に入ったまま。。。
(再生するプレイヤーが壊れてしまったままなのが残念)

若原一郎歌う”勇敢なる水兵”を聞きたくなりました。

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。