八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

森田健作氏、千葉県知事に^^

年平均400回の集会を4年続けた努力が実った!
いやぁ、なかなか出来るこっちゃ無い@x@:

【ニコニコ動画】【べらんめぇ日記】麻生首相ぶらさがり取材 2009-03-30(音声調整版)

4年間平均400回約1500回の小集会、たいしたもんだね。
やっぱりそれが一番の選挙というもので、40万票の差の一番の根元はやっぱり歩いて、
これが一番だと思いますね。
(麻生総理ぶら下がり取材、千葉県知事選について)



「さらば涙と言おう!」 千葉県知事選で雪辱の森田健作

 29日投開票の千葉県知事選で初当選した俳優の森田健作氏(59)は、自身が歌ったヒット曲名を叫んで喜びを表した。約6000票差で堂本暁子氏(76)に惜敗した前回の雪辱を果たし、支持者と万歳三唱で喜びを分かち合った傍らには、不遇の4年間を支え続けた妻の美子(よしこ)さん(46)の姿もあった。
 午後8時の投票終了直後、千葉市中央区の選挙事務所には早々と当確の一報が流れた。支持者から拍手がわき、「森田コール」の大歓声のなか、笑顔の森田氏が姿をみせた。
 「4年間支えてくださった支持者の皆さんに、心から、心からお礼を申し上げます」。「元気モリモリ、千葉日本一」と書かれた赤いポスターを背に、張りのある声で挨拶(あいさつ)。「これからかっこいい千葉県をつくっていく」と改めて強調した。

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090329/lcl0903292346006-n1.htm

千葉県知事選 政見放送 20090325


良いものみっけw

Category : 森田健作
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 9 comments  4 trackback

左翼は何故、北に抗議しない?

社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野党席からも失笑 産経webニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090326/plc0903261851015-n1.htm
 社民党の福島瑞穂党首は26日の参院予算委員会で、北朝鮮の弾道ミサイルが日本領内に落下した場合、迎撃する日本政府の方針について、「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸(ざんがい)が落ちる。当たらなくともミサイルは向こう(国外)へ行ってしまう。国内外の市民に被害はないといえるのか」と激しい批判を展開した。

 中曽根弘文外相は「わが国民の生命財産に被害が及ぶ恐れがあるならば迎撃は当然だ」と答弁。浜田靖一防衛相も「そのまま落ちてきた方が被害は大きい。宇宙空間で当たれば燃え尽きてほとんど落ちてこない。まず破壊することで規模を小さくするのが重要だ」と強調し、理解を求めた。

 しかし、福島氏は、「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」などと迎撃批判を延々と続け、野党席からも失笑が漏れた。



北のミサイル(やつらは人工衛星だとのたまうがどっちでもええw)の発射の秒読みが始まりつつある。天候の関係で早ければ4月4日に日本方面に飛来する。

先日の国会にて社民の福島がギャーギャーわめいていたようですが、
政府に文句を垂れる前に、北に抗議しろと言いたい。

それとも、みずほさんが飛んでくるミサイルを体を張って受け止めてくださるんでしょうか。
普段の行動で、人権を守るとか、憲法護持と必死に謳う活力がおありなんだから、
北に向けて扇子をフリフリして悪魔(ミサイル)払いでもしてくれw


かと茶的には、一度本土に落としてくれたら、平和ボケ国民は目が覚めると思うのだけど苦笑
そうなれば、左翼の好きな九条神話が音を立てて崩壊するだろう。

麻生内閣は、戦後初?の自主防衛手段を講じることとなった。
衛星だろうが我が国領土に進入する怪しげな物はすべて打ち落とすと明言した。

これは、すごいことだと思う。 この英断は日本の独立国家への第一歩となるか。

大いに期待したいところだ。

あと、森田健作氏が千葉県知事に当選された^^
元気の出る日本を目指してモリモリ頑張って欲しいものである。

Category : 北朝鮮
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 1 comments  0 trackback

最後はイチロー

FINALを迎えたWBC。
苦しい中で日本の底力を見たゲームだった。

最後はイチロー。”神が降りてきた”

祝V2達成 サムライジャパン おめでとう
そして、日本中に元気をありがとう^^


nippon.png




Category : WBC原JAPAN
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 7 comments  0 trackback

NHK「日本の、これから」にて暴かれた”騒音おばさん”の真実

21日PM7:30よりNHK「にほんのこれから」にて
テレビのこれから というテーマで討論?生番組が放映された。

メディアの本質を突かれ、沈黙する放送関係者。
スタジオが凍りついた一瞬だった。

浅野氏の的を得た問いに対し、
咳払いする(沈黙を持って応えよの指示?)放送関係者に呼応するかのように黙する関係者たち。
そして狼狽するNHKの司会者が見て取れる。

司会者は当然の如く浅野氏の問いをスルーした。

削除されるので、”浅野さん”で検索すると動画がヒットします。


「何年か前に『騒音おばさん』というのが問題になりましたね。
皆さんテレビ作っておられる方はあのショッキングな映像憶えておられると思うんですけどね。

あの映像ってのはいったい誰が撮影したものですか?

あのおばさんというのはどういう立場の人だったんですか?

テレビでは何にも報道されていないことがネットの世界ではいろいろありますよ。

そのネットの世界に氾濫している情報を総合するとですね、テレビはあのおばさんをオモチャにしたんではないかと。

バラエティ番組から果てはお笑い番組に至るまであの映像が流れていましたよ。

こんなテレビをなんで信頼できるんですか?!


私はそう思っていますよ。どなたか意見聞かせてほしいんですけど。」






騒音おばさんの真実

Category : マスコミ
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 7 comments  0 trackback

「麻生祭り」の真実

張る・ノート2さんのブログで傑作エントリを挙げておられます。
http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/950101/

「麻生祭り」の真実~夕刻の備忘録
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-72.html
すごく良い記事なので是非ご覧下さい。
以下、エントリの一部を抜粋します<(_ _)>

――――――転載ここから――――――

(前略)

 マスコミが支持率を「創造」してゐることは、繰り返し述べてきた。
しかし今尚、かうしたテレビ、新聞などのメディアを信奉する層は多い。そこで、麻生内閣の本当の支持率を「肌で感じている」人達が、「それでは本当の支持率をお見せしましょう」と乗り出したのが今回の結果である。

(中略)

 かつてネット掲示板を「便所の落書き」などと揶揄したジャーナリストがゐた。既にお亡くなりになったかたもゐれば、「予約中」の方もおられる。
時代を認めず、国民の本当の声を取り上げないメディアなどに存在意識はない。その中で嘘に嘘を重ねてようやく築いた地位であるから、手放すのが惜しいのは分かる。他に何の取り得も無い身の上であるから、足掻くのも理解できる。
しかし、棺桶に半身収まってもまだ、真実に向き合おうともしない彼らが、如何に「不潔な努力」を続けようとも、掲示板の書き込みに対抗できるはずも無いのである。

(中略)

 健全な国民は、健全なイベントを欲していたのである。
自分は目立とうとか、名前を残そうだとか、誰かに覚えて貰おうだとかいふ、野心も邪心も無い、まさに純粋無垢な人々が自分たちの出来る範囲で、懸命に仕事を続けてゐる麻生内閣を支えようと立ち上がったのである。

 頑張ってゐる人を支えたい、誰かの役に立ちたい、何とかその力になりたいと考えるのは、我が国民性の最も素晴らしい長所である。今日本で一番頑張って仕事をしてゐる、その筆頭は麻生太郎その人ではないか。麻生内閣は内外に山積みする問題に必死で取り組んでゐる。ではその内閣を私たちが支えねば、一体誰が支えるのか、さう思い、さう行動した人達が、全国規模で立ち上がった。


(中略)

 友達のために泣いた最後の日は何年前か。
名も知れぬ他人の為に、汗を流したのは何年前か。
この人の為なら命も要らぬ、と決意出来たのは何年前か。
そもそもあなた方には、さうした心の動きが無かつたのか。友の喜ぶ顔が見たい、といふ唯それだけの理由で、懸命に何かをした経験は一度もないのか。

 偽善者どもよ、思ひ知るがよい。
これが純粋な行為といふものである。
これが国を想ふといふことである。
これが「とてつもない日本」の「とてつもない国民」の真の姿である。
(以下略)

――――――転載ここまで――――――

麻生太郎~「とてつもない日本」
著書中の「はじめに」より抜粋

 本書は、そんな思いから、私なりに「日本の底力」をもう一度、見つめ直してみようとしたものだ。ときには話が脇道にそれてしまったり、かなり乱暴な物言いになってしまったりしたところもある。しかし、これは「失言」や「放言」のたぐいではない。発想の転換のために、あるいは考えるヒントとして、あえて暴論、異論めいたことも述べさせていただいた。あまり眉間に皺を寄せずに、柔らかい頭で読んでいただけると有り難い。これからの日本を考える上で、本書が議論のきっかけになれば本望である。

 祖父・吉田茂は、私が幼い頃、よくこんなふうに語っていた。
「日本人のエネルギーはとてつもないものだ。日本はこれから必ずよくなる。日本はとてつもない国なのだ」――。
 私はいま、その言葉を思い出している。



Category : 麻生太郎
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 11 comments  1 trackback

麻生太郎首相の本購入イベントに参加します^^

 日本は、強くあらねばなりません。
強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。

 日本は、明るくなければなりません。
幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇らせなくてはなりません。

 日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。そして子どもたちの未来に、夢を。わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進する所存であります。

 わたしは、悲観しません。
 わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如くであります。しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を、どこまでも信じて疑いません。そしてわたしは、決して逃げません。


以上、第170回国会における麻生内閣総理大臣所信表明演説 平成20年9月29日
全文→http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2008/09/29housin.html
ニコ動→【ニコニコ動画】麻生内閣 麻生首相所信表明演説


Category : 麻生太郎
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

映画「THEY LIVE」~民主党政権が統治する日本の姿



特定アによる日本侵略が進行している。
次の総選挙で民主党や公明・共産・社民が躍進し、政権交代するとこういう結果になるといい例。

さすがアメリカ映画、反共産主義のお国柄が如実に現れている。
けれども、アメリカは実際には自由民主主義じゃないんだよね。一種のファシズムなんだけど。

1988年公開 「THEY LIVE」
はじめてみたときは一種のお笑い作品という観点だったけど、今思えば、平和なお花畑脳だったんだなぁ...( = =) トオイメ
この映画は、自分がなにをすべきかその立ち位置を再考させられてしまう。

物事の真相を他人に説明し理解させることの難しさ等等・・・。

主人公はサングラスを手に入れることで現実を知る。



OBEY ~服従せよ


MARRY AND REPRODUCE ~結婚し、再生(?)せよ


CONSUME ~消費せよ


NO IMAGINATION ~想像してはならない

サングラスを通して見える現実は、無味無色のモノトーンで蔽われているのが印象的。
無気力な暗い世界だ。




(B級SF)ゼイリブ (1988/米)B級SFとあなどるなかれ、あなたは驚愕の真実をしることになる!!
http://plaza.rakuten.co.jp/isz5150/diary/200411120000/
実は「社会派風刺映画」、でもお馬鹿全開B級なんですもん!?

B級のフリをした社会派映画。今でいうとシャマランの新作がそんな感じ。こっちはそれよりお馬鹿
全開である。なんせわれらがジョン・カーペンター大先生だもの。しかも主人公役はプロレスラー
の人気選手。というわけで、そのための見せ場がちゃんとある・・・・これが最大の見せ場だ。

二人の男がしつこいくらいに、ど突きあいをする。ぶん殴り合い、蹴りを入れる。その原因は、
「オマエ、友達やろ、オレのゆうこときけや・・・、ええから。このサングラスかけてみろ」
「いやじゃ、オマエ人殺してきたやろ。もう友達ちゃうねん。うっさんいんじゃ」
「ええから。このサングラスかけてみろや。とんでもないことになってんねんぞ」
「誰がオマエのゆうこと聞くか!俺は家族と静かに暮らしたいんじゃ、巻き込むな」
「あほ!ええからサングラスかけてみろ。ホンマの世の中が見えんねん!大変なことになってんぞ」
ボコボコの殴り合いが続き・・・・、しまいにはプロレス技の応酬・・・、バックドロップに
ブレンバスターが炸裂!!スゲーはこれ・・・。
やっと観念してサングラスを掛ける友人・・・・すると・・・・。

なんと、恐ろしいことでしょうか???その恐るべき事実とは???

すでにこの街の大半は宇宙人だったのです。
宇宙人に支配されていたのです。
お金持ちや政治家有名人やTVのアナウンサーはみんな宇宙人。
銀行員も警官もみな宇宙人。貧乏な人々や黒人はフツーの人間です。
しかし、人間の中にも洗脳され宇宙人の言いなりになったものは出世してお金持ちになれます。
看板広告もすべて宇宙人からのサブリミナルメッセージ。
「服従せよ」
「従え」
「消費せよ」
「逆らうな」

さらにTVからは謎の洗脳電波が流れている!!なんということだ!!






この宇宙人=エイリアンというのはまさに共産主義・独裁国家の象徴のようだ。

次々とエイリアンを殺す主人公、しかし人間はただの殺人と勘違いし主人公を犯罪者扱い。

異常者と天才は紙一重という。本当に真実を伝えているのはどちらなのだろう。

地球を守るためTVでメッセージを流していた団体と合流し主人公の活動が始まるが

人間の中にもエイリアン側につく人と、反抗する人間に分かれていく。。。




Posted by カート茶(silvervine37) on  | 8 comments  0 trackback

小沢と二階の献金額の比較グラフw

小難しいエントリばかり続いているので、頭を柔らかくしてみます。

とはいっても、またまた動画の紹介なんですが^^;

その中身は。

最近の小沢献金疑惑に端を発した一連の騒動で、自民党の二階氏にも疑惑が飛び火しているんだけど、なぜか、メディアの報道は右倣えで、二階氏のことばかり大きく取り上げているのよね。

西松献金に関しては数人の政治家がリストアップされている中、小沢だけはダントツで献金額の莫大さがハッキリしている。

だが、マスコミは小沢より二階を叩くことで、西松疑惑を含めたあらゆる小沢の暗黒面をもみ消そうとしているのです。

動画は2チャンネルにおいて小沢秘書逮捕の無数のスレッドに書き込まれたレスを集めたものなんだけど。

この小沢と二階の献金額の比較をグラフ化してるのよね。

そのグラフはマスコミの姿勢や視点を見事に捉えていて、
伝えるべき真実をオブラートで包み、偏向や捏造の情報操作が行われている現実を端的に象徴している。

hikakugraph.gif


  ”グラフで比較するとそれほど差がない
       むしろ二階のほうが高く感じられる”


という同一の説明をグラフに付記。

この”むしろ”という言葉の使い方がオカシイw

ま、見るが早いのでご覧下さい。

冒頭、ホラーものか?と一寸引くけど、気にしなくてだいじょうぶ^^




Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback

小沢総理なんてまっぴらゴメンだ!

小沢氏の栄えある過去を都知事が語る

小沢一郎のコレまでの実績はあまり語られることがない。
この動画を見て驚愕しました。こいつはとんでもない政治屋ですゎ・・・(;´д`)
日本史上最大の巨悪かもしれん・・・。

西松建設の件なんて小沢が手がけた所業の氷山の一角に過ぎない。

  若い人は知らないだろうし、年配の方も忘れてしまっただろうけれど、小沢一郎が自民党でさんざん好き勝手をして、大金もつくり、平成5年に自民党を出て新しい政党を作った。それで政界は大混乱になった。その党は新生党という名前だった。
(中略)
  その後、1992年(平成4年)に金丸事件が起き、金丸さんは略式起訴された。警察が金丸さんの事務所に踏み込んでみると、刻印のない金の延べ棒が出てきた。金塊というのは、それを作った国の刻印が必ずあるんです。刻印のない金塊は北朝鮮です。北とどういう取り引きがあってのことか。途中で当人が亡くなってしまい真相は闇に葬られてしまった。



情報ソースは
(Miyuki.Taira)の鳥瞰図さん~潰されている北朝鮮利権の小沢達
http://blog.goo.ne.jp/efraym/e/4dbdc4cba03331cfa6134937a787616a

石原慎太郎の『小沢総理なんてまっぴらゴメンだ』~テキスト全文
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-magazine025.html

この動画の中身が事実だとすれば、日本はほんとぎりぎりのところで生き残っていると言わざるを得ない。

p(。;ω;。)q ガンバレ 東京地検特捜部!

く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!麻生内閣



      ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│
      └─┤  └─┤
      _   ∩   _  ∩ ホソダ!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ホソダ!
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
 |●|    |●|
 └─┘    └─┘

細田幹事長国会質疑
麻生総理への援護射撃 “小沢さんにはもうコリゴリだ!”

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback

ヤンキー先生、日教組を叩く

「教育に政治的中立などありえない」

 民主党の輿石東参院議員会長は14日、おひざ元の日本教職員組合(日教組)が都内で開いた新春の会合であいさつし、「教育の政治的中立はありえない」と述べ、「反日偏向教育」の根源ともいわれる日教組へのエールと受け取れる発言をした。
msn産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090114/stt0901142151011-n1.htm


輿石氏が何をいいたいかというと、教育現場で生徒を指導する際に、教師の思想や信条、またイデオロギーを生徒に強要する。要するに氏の側に立って言うところの「自虐史観」「日本は悪」という偏った指導を生徒に施す。洗脳教育というやつです。

教育や教員の政治的中立は教育基本法や教育公務員特例法で定められており、氏の発言はこの法則に違反する。学校では一切の政治活動を行うことを禁止されているのです。
にもかかわらず次政権の文科大臣と推される人が公の場で述べた。
輿石氏は既知外。
こやつは日本人ではなく、朝鮮の工作員ではないのか ヽ(*`Д´)ノ



コレに対し文科省。文科相「日教組の不適切行動を根絶」

 塩谷立文部科学相は6日の参院予算委員会で、改正教育基本法や道徳教育に反対している日教組のあり方について、「違法なストライキや不適切な行動は国民の信頼を著しく欠くことで大変遺憾だ」と批判した。
 また、教員採用・昇任人事にかかわる汚職事件に教組が関与した大分県と、教組の会報が「ここ数年は、教頭任用者のほとんどは組合推薦」と昇任人事への介入を「告白」していた兵庫県西宮市を例示。その上で「それぞれ教組の違法、不適切な活動の是正について教育委員会と十分に連携を取って厳正に指導をしてきた。教組による不適切な行動の根絶に向け、毅(き)然(ぜん)として対処していきたい」と強調した。
msn産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090306/plc0903062127013-n1.htm



こんなこともありました。ヽ(*`Д´)ノゴルァ


今年に入って麻生内閣は動き出した。国家再生の布石となるか、日協組打倒を応援したい。

っちゅうことで、次の動画の紹介とその文字起こしを(^^ゞ
ヤンキー先生こと自民党参議院議員義家弘介(よしいえひろゆき)さんの講演でエントリを〆ます。
時間のある方はご覧下さい^^
※文中~の部分は聞き取れず

どんな制度を作ろうとも、その制度を担っていくのは人です。その人づくりの根幹が揺らいでいる中で、文句ばっかり言い合っているこの国の未来は、果たしてどんなものになってしまうのか。

その危機感を我々こそが共有しなければならない。

自民党はダメだから民主党だ なんて言っている人と出会うたびに私は口を酸っぱくして声を大にして言った。

民主党政権になったら日本は終わる!と。

なぜなら、その象徴的な出来事がこの2009年に入ってありました。

日本の教育界を圧倒的な影響力を持って、戦後コントロールしてきた日教組。その新年会に於いて参議院会長であり、そしてネクストキャビネットで副総理ですか。バカなことを言ってんじゃないって話ですけども。その輿石氏がこう発言した。

「教育に政治的中立などありえない」
「私は生涯日教組の一員である。一緒にがんばって行きましょう」


彼らはいままでなんて言ってきたのか。
まさにこれが輿石氏の日教組の本音だったわけです。

国の不当な介入、政治の教育への不当な介入は許さないと云うことで様々なストライキとかボイコットとか起こしてきた。しかし本音を返せば我々が十字軍だと云う思いがありありなとんでもない発言は。取り上げたのは産経新聞だけですよ。

この国のメディアはどれほどの発言、例えば中山(成彬)先生が大臣の職を賭し、政治生命を懸けて「日教組は教育のガン、日本のガンである」そういう活動をしてきたことは許されないと云った時にはあれだけ取り上げておいて、しかしあの発言はある意味、まっとうですよ。

しかし、もっと取り上げられるべき責任ある立場の方(輿石氏)がとんでもない発言が多くの国民に届いていないと云う、この信じられない現実。さらに同じ席上で鳩山(由紀夫)幹事長「日教組の皆様とこの国を担っていきます」と宣言しております。

どうなるんですか? じゃ、この国は。

例えば、竹島。これ子供たちに実際聞いたら知りません。何で知らないんだったら関心のある皆さんは思いかもしれませんが、単純ですよ。教科書に載っていないんですから。載ってないんですから、教えてないんですから知るわけがない。尖閣列島、対馬の問題。教えてないから知るわけがないんですね。

そういう知らない人間が学齢期(?)を過ぎ、社会人となり、親になり子育てをしていく。あるいは国民の問題についてだって答えは出ていないだろう。外国人参政権どうするのか。国民とはなんなのか。ここの答えさえ曖昧なままで来て未だに議論されている。

そして主権もそう。竹島の問題を書くと言ったら韓国から圧力がかかって、じゃ、教科書に書くのは止めて解決しましょう。
こんなことを言っている国がお金がなくなったら一体だれが相手にしてくれるんですか、この日本を。

まず教育の正常化を図っていく。それから新たなる国家づくり(?)これからこの国はこうやって、道義国家として世界に胸を張って存在していくんだ。そのビジョンを今、確立しなければならないだろう。まさに、幕末から明治維新の動乱の時期を今日本は繰り返していると思います。

例えば、あの大分の教員採用という汚職事件。とんでもない事件としてメディアで報道されました。そして文部科学省は各自治体に同じようなことがないか?と教育委員会に言って。最終的に教育委員会の答えは文科省が言うんですよ「ありませんでしたと言ってました」

ガキの使いじゃないんですから。都合の悪いことがありました と言いますか?例えば、教室で君たちの中で隠れてタバコ吸っている人がいますか?みんな手を挙げませんよ。1人もいませんでしたって言うんですか? 君たちの中でいじめをしてる人いますか?と手を挙げてください。誰も挙げません。うちのクラスには1人もいじめはいません。

それと同じことをやってるんだから話になりませんよね。
しかしそれもなかったと、なんとなく大分の事件も過去のものと云うように流れてしまってますよね。調査も入って結果も公表された。先回の日教組の調査問題議連で扱ったわけですけども。

去年の夏、兵庫県の西宮で、西宮の教組のペーパー、新聞。これの協議を致しました。そこになんと書いてあるか。
「私たちのグループの中から教頭推薦を出しましょう」と。「とにかく名前を挙げてください」
1980年以降、ほとんどの教頭は組合推薦でした。行政の中から、他のところから管理職が来たら大変だと。仲間内から民主的な職場を守るために。これ言い換えればこういうこと。

我々の主張通りな学校が作れるように仲間内から教頭推薦を出して、我々で~しますっつってんですよ。

これお金を介在させないだけで、まるっきり大分事件と同じでしょ。介在させてるかどうかも分からない。教育界がいかに自浄作用がないか。あの大分の事件だって教育界の内部から出てきたから、まだ、おい!~~があるって思いますよね。あれ、大量の商品券を換金していて、これなんかの事件と関係あるのかと言って警察が動いた事件ですよ。そして蓋を開けたらああいう構造になっていたと云う。

今でもそういったこと公然と行われてるわけです。

まさに(国民は)バカにされているんです。こんなこと(世間に)分からないと思って。ずっとやってきたから大丈夫だと思ってるわけですね。管理職がそういう状況では、教育再生しようとして下に下ろしたって無理ですよね。

責任は全部、子供たちに向かっていく。


当たり前のことが当たり前に出来る教育現場を国はなんとしてでも作り上げなければいけない。教育再生の前に教育正常化。つまり不正常な状態を作っている部分をぶっ壊さなかったら、どんな崇高な理念を掲げてもそれは子供たちに下りていかないだろう。そんな風に感じています。

私は教師になりたての頃、あるベテラン教師から信じられないことを言われたんです。鮮明に覚えています。
「義家先生、あなたは生徒にあれこれ指導しすぎる。戦後民主的な教育の中で私たちが大切にしてきたのは指導ではなく、支援なのです。見守ることを覚えたのです」って言ったんですね。

私は、その先生に面と向かってまだ二十代でした、血気盛んで無礼な行いをしていましたが、
「バカか?あんたは」と私言いましたよ。「あなたそうやって奇麗事をいいながら平和で、よっぽど平和な学校に勤めているんですね」

昔オレ不良少年だった。昔のオレ、どうやってあんたを信用してくれるんだと。もっと学校の窓ガラスを割っていいんですか?授業はどんどんサボりなさいと言うんですか?

まずあるべき道を指し示し導くのが教育の責任でしょ?指導の大前提の下で相応しい可能性をがんがん支援していく。それが本来のやり方で。指導ではなく支援です ってナニをあんた言っているんですか?私はあきれて物が言えない。

すると「あなたのような思想は逆行する」って言いました。

なにに逆行するんですか?と。ダメなものをダメといえない教育がなにに逆行するんですか?

結局それをダメとさえ思わない過ちを繰り返す子供たちを教育(側)は切るんです。それは逆に無責任じゃないでしょうか。

行き過ぎた自己中心主義。これはまさに大きな弊害・・・(動画終了、文字起こしここまで)



Category : 義家弘介
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 5 comments  0 trackback

ファイル置場~麻生太郎を応援する動画

【麻生太郎首相の本 購入イベント】
















Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

自衛隊を動かしてでもぶん殴る

拉致問題「自衛隊動かしてでも」
田母神前空幕長、講演で。

47NEWS 2009/02/28 21:59 【共同通信】

政府見解と異なる歴史認識の論文を発表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長は28日、北朝鮮による拉致問題をテーマに名古屋市内で講演し

「自衛隊を動かしてでも、ぶん殴るぞという姿勢を(北朝鮮に)見せなければ拉致問題は解決しない」と述べた。

田母神氏は講演に先立つ記者会見でも同様の発言をし「『ぶん殴る』とは具体的には何か」と質問されると
「自衛隊を使って攻撃してでもやるぞという姿勢を出さないと、北朝鮮は動かない」などと答えた。(略)
(引用終わり)


tamogami.jpg先エントリ、小沢氏の「拉致はカネで」発言とは対極である田母神氏の発言は的を得ている。
自衛隊を使ってでもやるぞと言わねば、相手は付け上がってくる。
(※お断り 画像は別の講演会のものです)

朝鮮へ支援するのは売国政党だ、小沢民主党に政権担当能力はない
近野滋之・民族主義者の警鐘さんのブログより

貴重な財産を奪った泥棒に、金を払って買い戻すなど、常識のある人間のする事ではありません。

北朝鮮は、テポドン2号の発射準備をしており、日本に対する挑発行為でありながら、小沢代表は何一つ抗議の声明を出していません。

麻生首相は2日、北朝鮮が「人工衛星」の打ち上げ準備と表明した事に、「人工衛星と主張してミサイルを発射した場合でも、国連安全保障理事会決議違反として、安保理による対北朝鮮制裁の検討対象になる」との認識を表明しています。
(引用終わり)


田母神氏の仰せられるとおり拉致被害者を救出するためには、実力行使も辞さない覚悟が必要だろうと思う。

西村眞悟氏 「日本は力ずくで拉致被害者を救出できる国家にすべき」

キンショウジツ(金正日)という独裁者から、
拉致被害者を六年前のように解放してくれるという、
その方向での対話と圧力を加えるという発想ではダメなんです。
金正日が解放する気になろうがなるまいが、
国家の意思として、覚悟として、拉致被害者を救出する。
この前提がなければダメなんです。

我々は、北朝鮮に拉致されている日本人を救うため、
また北朝鮮が我が国に落とす核爆弾の製造を阻止するために、
北朝鮮の一定の地点を空爆して破壊し、
一定の地域を制圧してそこに日本人を収容確保して、
我が日本に連れて帰って救出しうる、国家でなければならない。

(引用終わり)


もうひとつ、日本の自衛で一番手っ取り早いのは核保有をすること。
これなら、お金も無駄にならない。一番安上がりな防衛手段なのだ。
だが、そこにいくまでのプロセスが簡単にはいかないのが現実。

このプロセスの完遂には数年~数十年かかるだろうか。

いずれにしても、今年は日本の岐路になり、日本の姿勢が問われる一年になるだろう。

日下公人氏はその段階として、次のように述べている。

日本核武装への16の階段
~ponkoさんの”反日勢力を斬る イザ!”より転載。

一段登ると景色が変わる

WILL4月号で一番印象に残ったのは日下公人氏の「日本核武装への16の階段」である。
核武装は効果最、費用最小の国防手段だから、「日本の核武装は実現性がないと」即断したり、「アメリカが許さないだろう」などと反論にもならないことを言わずに16の階段を一つずつ登って行くことを提案している。
その階段とは・・・・

1.麻生首相の靖国神社の4月の例大祭参拝。国民は各県の護国神社に参拝
2.非核三原則の廃止宣言
3.集団的自衛権の行使肯定
4.武器輸出の認可
5.村山談話の否定(首相交代時に態度保留)
6.法務局長官の憲法解釈変更
7.情報機関の新設

ここまでは自縄自縛の国内問題であり首相の決意と世論の支持で簡単に実行可能だ。
次からは対外的な段階的措置。

8.北朝鮮をテロ国家に指定
9.京都議定書無効宣言
10. 六カ国協議を脱退
11. 核拡散防止条約を脱退
12. 国連に「歴史問題に時効を設ける」と提案
13. 国連またはG7でサブプライム問題については自国処理の原則を提案または宣言
14. 米国債の引き受けには円建てと担保付を条件とする
15. 新国連か、または別国連の創設を提案し実行する
16. 「日本の道(Going Japanese Way)を宣言し、栄光ある孤立の道を選ぶ

この段階で国際社会は日本の存在の大きさを知り、「ジャパン・カムバック!」とシェーンのラストシーンのように叫ぶ。

結論を急いで核武装に反対しないで、まずは1、2段あがってみろと日下氏はいう。そうすれば見える景色は確実に変わっていく、その段階で次を考えてみればいい・・・と極めて現実的なアプローチを勧めている。

麻生首相が靖国神社を参拝すれば支持率が上がることは間違いない。
2、3、4あたりは順序が3、4、2になるかも知れない。
いずれにしても日本が核武装する上でのハードルである。
以上は自民党でなければ出来ない階段登りである。
公明党、民主党、社民党、共産党などでは到底できない。
与野党はいたずらに政局に走らずに、このような階段を登るのか、登らないかを国民に提示し、民意を問うべきである。
(引用終わり)


Posted by カート茶(silvervine37) on  | 6 comments  0 trackback

本性を現した?小沢一郎

 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」
この小沢党首の発言により
2chにて、03/02(月) 00:43:11に立ったスレは24時間経過後27スレ目に伸び、祭り状態になっているヾ(*ΦωΦ)ノ

【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か~産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090302/stt0903020008000-n1.htm

 2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発し
た言葉に会場は一瞬凍りついた。

 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人
かください』って言うしかないだろ」


 日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させ
る-。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。

 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。
 2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊で米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋
を広げた。「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発
言の真意を、側近は「安保論議を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。だ
が、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。
 「民主党に国民は不安も抱いている」。1月18日、民主党大会で国民新党代表、綿
貫民輔はこう指摘した。民主党が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論
は、野党の足並みも乱している。
(後略)


TVで紹介された模様。
ozawanews01.jpg

先日も「極東の米軍は第七艦隊だけで十分」なとど根拠のない支離滅裂な発言をしていた。
第七艦隊だけとは、すなわち僕ら保守の側から見ると、村山談話の撤廃・非核三原則の見直し・憲法見直し(自主憲法の制定)・スパイ防止法制定・集団的自衛権の行使などなどの自衛手段を整備した後、可能となるだろう。
反面、左翼の側から見れば、国内に配備されている在日米軍の撤退後、シナ中共や北朝鮮・ひいてはロシアへの国家主権委譲を意味し、現行憲法の前文のままに「われらの安全は平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する・・・」ようするに国を売ります・差し上げますということになる。
このことを補強する意味で「他の国の有事に自衛隊が参加することはありえない」と言っている。

第七艦隊発言は、上に述べたようにどちらにも当てはめることができる。
小沢氏の弁解は「我々は政権与党じゃないですから、政権を取った上で、アメリカと協議する」としている。日本の防衛は日本自身で護るべきだとも述べているが、ではどのような形の防衛戦略を謳うのか、全く分からない。”政権取ってから決めます”では、責任政党に値しない発言だ。
首を傾げたくなる。

話を戻し、”金で拉致を解決”と公言していた模様(;´д`)
この発言が公の場で述べたとすると、小沢は国賊・罪人、立派な売国奴である。

しかも、「何人か下さい」とまで付け加えている。 こんな姿勢だから犯人は付け上がってくるのよ。
カネを渡しても、次から次、後々となんども際限なく拉致が繰り返されるのは自明の理である。
ニセの遺骨を持ち出して、幕引きを図ろうとしたテロ国家北朝鮮こと金正日。
残虐非道な輩には年老いてもなお当事者の帰国を願う家族の嘆きの声は届かないのだろう。

脳内お花畑の平和主義者たちも憲法九条護持のままでは国民の命は護れないのだから、いいかげん間違いであることを知れ。

しかし、、、一連の小沢発言で彼の心理が読み取れない。なにが狙いなんでしょうね。



Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。