八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

原辰徳氏がWBC監督を快諾^^

やったじゃん!ブログ主にとって明るいニュースです(^^ゞ

 来年三月に開催されるWBC監督に原辰徳巨人監督が内定した。
「一野球人としてジャパンは誇りであり、あこがれである。」

 前回のWBC、王貞治監督率いる日本代表が宿敵韓国をやぶりみごと一位に輝いた。
その大会前に、
「現役時代にこういう大会があったら是非出てみたかった。」

 北京五輪で4位に終わった星野ジャパンについて、
重苦しいプレッシャーと戦った選手たちに同情しながらも、野球の本質を痛感したようだった。
「なにかこう、全員が悲壮感を漂わせながらプレーしていたよね。
やっぱり野球は楽しんでやらないと。」


 メダルや具体的な内容は?
「まだそこまでは考えていない。ただ、日本のよさは団結することなので、
現場のみならず、世界中にいる日本の野球人、ファン、メディアが一致団結して戦いたい。」


 要請を受けた原監督の抱負。
「今朝、滝鼻オーナーから日本のために頑張ってくれ、との指示がありました。
日本代表は誇りであり、あこがれ。強いチームを作れるよう力になりたい。」


haratatunori.jpg原さんは現役の頃からTVで見ていました。
小生は巨人びいきではありませんが、原辰徳という男について、何時なん時も奢らず、威張らず、でしゃばらない姿勢に好感を抱いていました。ここ最近TV中継を見ることが減って(というかほとんど見ていない^^;)
今シーズン中の詳細は知り得ないのですが、トップとの14ゲーム差を挽回し優勝したこと。CSも順当に勝ち進み、日本シリーズ出場が決まったこと。シーズン前に強力な助っ人獲得が効を喫し見事にチームを纏め上げました。お金掛けて助っ人入れたんだから強いのはあたりまえだ。と揶揄の声があったけど、一人一人個性の強い選手をこれまた纏めるのは並大抵のことではありません。
それは、どの球団においても、実社会においても同様です。


「日本のよさは団結することだ。」
あたりまえのように聞こえるけれど、この言葉はものすごく大事なことなのです。
野球はチームプレーで成り立っているから、一人でも不満分子が居ると全体が崩れます。

そして、
「日本代表は誇り、強いチームを作る。」
この言葉を聞いて身震いしましたね。
暗いニュースばかりの世の中で俯き加減になりがちな気分を払拭してくれます。
国を背負ってがんばってぜひぜひ二連覇を勝ち取って欲しいものです^^

日本の国も強いリーダーが必要です。
麻生さんは所信表明で述べました。
「日本は強くあらねばなりません。私は日本人の力をどこまでも信じて疑いません。」
来週、次期米大統領が選出される。
その後に、ワシントンでG20が開催されるそうです。
おもいっきり日本人の底力を見せ付けて欲しいものです^^
そうすれば景気がよくなるのよねw

松井よ 今度は出ろよ~~~www

原辰徳伝説



Category : WBC原JAPAN
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

台湾映画「海角7号」が大ヒット

チャンネル桜、報道ワイド日本Weekend~西村幸祐の「ニュースの読み方」より紹介。
(20:50あたり)

海角7号”かいかくななごう”と読むそうです。(台湾のとある住所名らしい)
台湾史上初めての空前の大ヒットでこの夏から劇場公開されているという。
日本での公開未定

海角7号
『海角七号』公式サイト
http://blog.pixnet.net/cape7

戲院版預告片~trailer
http://jp.youtube.com/watch?v=NWs9ilMOIr0
 
日台の恋描く「海角7号」が空前の大ヒット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000022-rcdc-ent

『海角七号』主演女優・田中千絵
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0910&f=column_0910_002.shtml


内容は、63年前と現在の台湾が歴史を超えて、時間を越えて、ボーダーを越えた愛を描く。

63年前日本は大東亜戦争で敗れ、台湾統治を連合国にやめさせられた。
その時に台湾で暮らしていた日本人の多くの人が敗戦後引き上げた。
その引き上げていく船に乗っていた日本人の教師のシーンから始まる。
台湾の女性にラブレターを書く。このシーンから始まるラブストーリーなんですね。

そして現在の台湾が出てきてロックミュージシャンがでてきて、
それでもまた日本との関わりがでてくるんですけども、

63年前の日本統治の時代における日本と台湾の関係、
現在の日本と台湾の関係がみごとに情緒的に描かれていて、
しかも、時間を越えて描かれている素晴らしい映画だと思います。
私はまだ見ていないんですけども、台湾に行かないと見れないんですね。
(見てないんですかっ^^;)

台湾の国民党、馬英九総統政権は大陸に、ペキンに近くなって、
台湾独立の芽が大きく摘まれてしまったという状況の中でかえってそうなったあとの
状況でこの映画が大ヒットしている。
台湾の人達がアイデンティティを意識すると同時にですね。
中国共産党あるいは中国国民党、シナの人代の反日史観にこだわらない、
統治時代の台湾人の気持ちと日本人の気持ち、そういったものを根底において、
このような映画が大ヒットしているということが、
今の東アジアにおいて大きなソフトパワーになるのではないかと感じています。
広く日本人に広めてもらいたいと思いますし、上映をしていただきたいと思っております。



台湾と日本は昔とても仲がよかったと聞かされているので、
未来志向の友好を深める意味で、これは期待大になるかもですね^^




Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

犬HKとアサヒる毎日新聞

「地上波に対する幻想は捨てましょう」
「スポンサーつきの自由な報道などあるわけが無い」


今月号の正論より引用

「犬HK」とは、
売国&中共の犬と化した「NHK」に対するネット上での辛辣な呼称。
公平中立を僭称しながら媚中報道、情報隠匿などを続ける報道機関は、
総じてマスゴミなどと揶揄されている。
 ネットの情報が全て正しいなどと思ってはいないが、確かにこの一年余り、
NHKは中国国営放送ばりの路線で突っ走っている。
関口知宏の『中国鉄道大紀行』などはそのいい例。番組の中で、中国軍が進駐した
1950年以降の史実、「チベットの文化財が破壊された」とか
「ダライラマ十四世がインドへ亡命した」とかにはさらりと触れているが、
「漢民族の侵略と占拠により大量のチベット人が虐殺された」は、とうとう言わなかった。

 北京五輪開会式の生放送中の中国ヨイショ&はしゃぎ振りにもちょいゲンナリ。
アナウンサーの解説は「会場の大声援が・・・」「ひときわ大きな歓声が・・・」だったが、
2ちゃんねるなどでは、「日本選手団が登場すると会場は大ブーイング。ところが
NHKは音量を絞ってごまかしたらしい」という話題で白熱。
海外在住の日本人からは当地の放送局から生々しく伝えられたという。
すさまじいブーイングがあったがNHKは判らなかったの?

ペキン五輪をヨイショしたペテン記事の無様(河添恵子)


またこんなことも。(博士の独り言さんのブログのコメより)

TV番組で必ずカットされる拉致の話題
先日、某弁護士の講演会に行って来ました。そこで聞かされた某人気番組でのエピソードは、中山元教育相と同じでした。

ある収録時、ゲストの“ベテラン大物タレント”とやらが、突然、曽我ひとみさんのことを持ち出して、「幸か不幸か北朝鮮に拉致されて」とのたまったそうです。 幸か不幸か?ってなんだそりゃ!? もう、それだけでその弁護士さんは ピキッ と青筋が立ったようなんですが、ゲスト・タレントは続けて曰く「佐渡のど田舎に居たら、一生味わえなかっただろう良い生活をさせて貰ってた。最新の電化製品を支給され、白人のアメリカ人とも結婚させてもらって幸せに暮らしてた」だから、彼女が被害者ヅラしてるのがおかしい云々。。。

弁護士さん、怒り爆発して、そのゲストと怒鳴りあいの喧嘩になったそうです。 勿論収録中。 ところがなぜか、他のタレント、司会のS助、局アナ、他のタレント弁護士全員!が、まるで “アタシは何も聞こえな~い”とばかりに、ソッポ向いて、知らん振りを決め込んだとか。

そして後日、放送された番組では、ベテランタレントの暴言や弁護士さんとの怒鳴りあいは見事カットされ、弁護士さんが怒鳴ってるところだけが、都合のいいように編集されて流され、一人バカみたいに激昂してるかのように印象操作されてしまったんだそうです。 以降、その弁護士さんは、直ぐに怒って怒鳴り散らすキャラに作り上げられてしまったんだと。。。

以前から、TV番組などでニュース以外に、何故もっと拉致を取り上げないのか、同世代の人気タレントたちが大勢活躍してるのに、誰一人支援の声が上がらないのか不思議に思ってたんですが、この講演を聴いて、如何にTV局全部に北朝鮮の汚染が行き届いているか、よぉっく解りました。

TVばっかり観てるとバカになる所以です。 TV局の人間は、視聴者を北朝鮮の国民同様、簡単に騙せる愚民として扱っているのが良く解ります。


納得した・・・謎が解けた。
だから、ああいう態度とってたのねあの弁護士さん^^;;;;;

「アサヒる」とは
事実を捏造したり歪曲して報道すること。
ありもしないことをさもあったかのように印象操作、でっちあげる。
アサヒる とか アサヒった ともいう。これもネットの造語。

ネットという電脳空間のおかげで種々の事実を享受できるようになった。
情報の氾濫、取捨選択の多様化がTV離れを加速させる。
いわばTVの敵はネットなのだ。
盛んに謳われる地デジキャンペーンも対ネットを意識した利権屋にしか
旨みが無く、視聴者にはなんのメリットもないのです。

余談ですが一般化している「ヤバイ」って言葉ありますよね?
もともとはやくざの俗語だったらしいですよw
(すぎやまこういち談)

とんと最近TVを見なくなった。
おかげでネット依存という体質になってしまったがw
とくに嫌いな左のコメンテーターとか識者が写っているのを見ただけで
吐き気をもよおすので反射的にTVのスイッチを切ってしまう(苦笑)
そういえば、NHKは放送〆の時刻に日の丸掲揚と国歌斉唱を流していたけど、
消されていませんか@@?

テレビは創られる。
フェアな視点などないすべてスポンサーや電通の意向で
いかようにも番組が改変される。
ネタがないのか。
左の人はプロパガンダで煽るしか物事を語れない。
国や子供たちの将来についてなんの建設的な意見も持ち合わせない。
弱者面した連中が権力を振りかざし世論を牛耳っているのだ。

園児の涙を政治利用した極左たち~依存症の独り言

チャンネル桜が一部TV放送再開決定しました。応援しましょう^^
朝日や毎日新聞を糾弾する西村幸祐さん



Category : マスコミ
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

シン首相来日(ノ^▽^)ノ

インドのマンモハン・シン首相が21日から三日間、来日されました。
不思議なことにテレビではあまり報道されていません。

日印が安保で共同宣言 首脳会談、金融危機対応で協調~NIKKEI NET

sin_aso.jpg 麻生太郎首相は22日、来日中のインドのシン首相と首相官邸で会談し、安全保障分野での包括的な枠組みの構築などで一致した。会談後、両首脳は安保協力の共同宣言など2つの文書に署名。日本が安保分野で共同宣言を出すのは米国、オーストラリアに続いて3カ国目となる。世界的な金融危機への対応での協調の重要性も確認した。

 首脳会談では年末を大筋合意の期限としていた経済連携協定(EPA)については、早期妥結をめざす方針を確認するにとどまった。気候変動問題に関しては、世界全体の温暖化ガス排出量削減に関する長期目標の採択が望ましいとの認識で一致。原油や食料価格の高騰問題では、国際社会が協力して解決する必要性を確認した。

 麻生首相は首都ニューデリー―ムンバイ間の鉄道への円借款4500億円の供与などインフラ支援を表明。シン首相は日本との原子力協力を進めたい意向を示し、麻生首相は「核実験の凍結など約束と行動をしっかり実施してほしい」と応じた。(22日 21:58)


インドとの外交は成果いかんで日本の国益に大きく関わることになるでしょう。
こういう日本の将来にプラスになる、その出発点である共同声明に
なぜメディアは着目しないのでしょう?
韓中の反日国に無駄なODAをつぎ込むより親睦国インドと外交重視したほうが
国益の面で全然いいと思うけどね~。
首相の”言葉狩り”ばかりをクローズアップする
儲け主義のメディアから見たら不味いんだろうか。
他人の揚げ足取りなんかをTVで見ても、嫌気になるだけだから、こんなの作るより、
将来への展望を描く番組作りができれば視聴者に目標を持たせることが出来る。
そっちのほうが遥かに利益になると思うんだがなぁ。

ニコ動 麻生総理演説GJ



ついにインドも宇宙へ^^
インド初の無人月探査衛星「チャンドラヤーン1号」打ち上げ成功
月探査衛星、印首相が成功アピール~読売新聞
FNNニュース 動画
インド、初の無人月探査機「チャンドラヤーン1号」の打ち上げに成功

 インドは、日本時間22日午前9時50分ごろ、初めての無人の月探査機打ち上げに成功した。今回打ち上げられたのは、インド初の無人の月探査機「チャンドラヤーン1号」。

 「チャンドラヤーン1号」には、インドやアメリカの調査機器11機が搭載されていて、今後2年間、月面から高度およそ100kmの軌道を回り、月面の鉱物資源の分布状況や氷の有無、月面着陸に必要な技術などについて調べることになっている。

 月探査機の打ち上げは、ロシア、アメリカ、日本、中国などに続くもので、インド宇宙研究機関は、2020年までの月面の有人探査を目指している。



Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

中川昭一と日の丸とラモス

一部の記者が「国民の中には違和感を持つ人もいる」

hinomaru002.jpg 財務省は十七日、中川昭一財務・金融担当相の閣議後会見を機に会見場に日の丸を掲揚し、会見を主催する財務省の記者クラブ・財政研究会(北海道新聞社など国内外の新聞、放送、通信各社が所属)の一部の記者が「国民の中には違和感を持つ人もいる」などと抗議した。

 会見自体に大きな混乱はなかった。中川財務相は「世界に発信する場という認識で国旗掲揚は当然だ」と述べた。
 財務省は国旗国歌法に従った措置であると事前に説明。財政研究会は九月末から対応を協議したがまとまらず、賛成、反対、態度保留などの意見を添えて「慎重に判断を」と財務省に求めていた。中央省庁では既に、首相官邸、外務省などで会見場に日の丸を掲揚している。
 国旗・国歌法が成立した一九九九年、当時農林水産相だった中川氏は農水省の会見室に国旗を持ち込み、記者クラブとの間で問題になったことがある。

 北海道新聞~財務省会見場に「日の丸」を掲揚(10/17 13:56)


この記者というのはどこのどいつだ ( ゚Д゚)ゴルァ!
個人や団体等への誹謗は取り上げない姿勢でブログ書いているけど、
これにはさすがにキレましたね。
おそらくこやつは在日かと思われる。
連中の焦りの表れかも。もっともっとこのような輩が表に出てくれば、
国民の覚醒に繋がるかと思うのだが。。。
世論の怒りはいかほどだろうか。
これについて実際問題、希薄なのが現代の日本人意識なのよね...( = =)

財務省サイト~中川財務大臣兼金融担当大臣閣議後記者会見の概要
(ページ全体、半分よりやや手前のあたりから中川大臣(答)と記者(問)のやり取りがある)

一部抜粋
問)  今回の会見からそちらに日の丸の国旗が置かれるようになりました。これまで財務省の会見室では歴代の大臣の時は置かれていなかったわけですけれども、今回こういう形で会見室に置かれた背景というか、これは大臣のお考えなのかということと、何故今まで置かれなくて、我々というか私としては特に支障はなかったというふうに思うんですけれども……。
答)  なかったことに?
問)  なかったことですね。それが今回こうやって置かれた理由というのはどういったものなのか、それについてお伺いしたいんですが。
答)  皆さん方ご存じないと思うから過去の経緯を申し上げます。
(中略)
問)  会見場は財務省の施設であるというお考えだと思うんですけれども、一方で記者会見というのは財務省の行事というよりは我々記者が財務省の政策をお伺いするということでお願いしているというか、要請している、そういう会見であるというふうに考えているわけです。そういう意味では記者会見というのは色々な方々の意見が、これを聞いた上で考える材料になるというものなのだろうかなというふうに思うんですけれども。そう考えますと国民の中には国旗の掲揚について、違和感を持たれたり反発されている方もいらっしゃると思うんです。そういう意味では非常に中立的な場であるべきというふうに思うわけです。
(以下略)


この記者の質問は、
屁理屈でなにを言ってるのかさっぱり理解できません┐(~ー~;)┌
良識のある日本人ならばこのような発言は出てこないはず。

某スレより^^;

ゆとり教育は、反日勢力(日教組)にとって都合の良いメンタリティばかりを育てた筈なんじゃが、さにあらず、昨今の若者は、日の丸掲揚に特別な感情も湧かない。が、日の丸掲揚反対勢力に対しても、特別な同調をしないメンタリティも持ち合わせる様になってしもうたんじゃい、在日ども。
情報の取捨選択が多様になって、一世代前まで効果があった自虐プロパガンダが通用しなくなって来た最近の日本人に、焦り始めた在日どもよ。



↓こんなこともありました...( = =) トオイメ
むっちゃ痛い反日記者。


↓これが憂国民の声だ(`0´)/



すばらしいブログを見つけたので勝手に転載w
ラモスさんの日の丸に対する姿勢に感動しました^^
ソース元~正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

■ ラモスと日の丸
ramosu.jpgサッカー日本代表のユニフォームに「日の丸」が加わったのは、実は、そんなに昔のことではない。1992年に、広島で開催されたアジアカップが最初だった。

日本が、初めてアジアを制した記念すべき大会である。その大会前に、ラモスが、「日の丸とともに戦いたい。」と日本サッカー協会に求めたのである。


「日の丸――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。これまで何度もそんなことあったね。ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。

「日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。体中にパワーがみなぎってくる。でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。国を代表して戦うってスゴイことなんだよ。それを忘れているんじゃないかって思う。」

「ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。日本はそこんとこから外国に負けてる。自分のためだって?そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?

「オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。ドーハの時、オレは三八歳。あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ。」



Category : 国旗・国歌
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

北テロ支援国家指定解除

刀折れ、矢尽きたか。

アメリカは北朝鮮へのテロ支援国家指定を解除した。

サブプライムローンに始まった米国内の金融破綻が尾を引き、
その連鎖の波は全世界を巻き込みあわや大恐慌かという寸前の勢いであった。
自助努力で建て直しが出来なくなり方角を見失った世界経済。
これを期にアメリカ一極化の地位は失墜し、
アメリカ主導、グローバリズムの方程式も崩れつつある。

イラクやアフガンにおいてタリバン、アルカイダ撲滅という大義名分を掲げておきながら、
独裁国家に屈服し、テロリストを放置し、核保有をも実質的に容認してしまったのである。
もはやアメリカにとって北朝鮮は危険な国ではなく、”普通の国”となった。

NPT(核拡散防止条約)も無効となったも同然で、アメリカの権威は確実に地に堕ちた。
今後世界的規模で核の拡散が展開していくだろうといわれている。

日米安保という、東アジアにおける安全保障は希薄のものになった。
アメリカが将来日本を見放す可能性が大いにありうることも察知しなければならない。

当然ながら、わが国はこの事態に対し 
拉致解決なくして経済制裁解除はあり得ないとの政府の立場は当然の如く、
今回の米によるテロ解除の告知と相まって、いよいよもって、
日本の国家意思を問う新たな局面が近いうちに間違いなくやってくるだろう。

国家危機が現実味を帯びてきた今となっては、
憲法9条護持が国民を保護してくれるという美辞麗句はもはや絵空事に等しい。
似非平和主義は砂上の楼閣と知るなり。

政府には、これまでにない決断と方針転換を迫られるだろう。
憲法改正、核武装議論等、自存自衛の方策を練るか。
それとも性懲りも無く信用薄なアメリカにすがり胡坐をかくか。
あるいは売国政党に政権委譲し泣く泣くシナ・朝鮮の属国と化すか。

今。
平穏?にやってきたつもりの日本だが、
実態は戦後も戦争は続いている。
そう、GHQによる洗脳工作、シナや朝鮮、日教組等の思想戦略により
日本人は戦う牙を剥がれ去勢され、国内は分裂・分断の様相を呈してしまった。

そのダメージはヒロシマ・ナガサキの比ではない。

欧米民主主義のマインドコントロールから覚醒せよ。
多くの日本人は刷り込まれていることに自覚できていない。
マスコミの誘導に惑わされるな。
甘い謳い文句や誘い言葉には疑ってかかれ。

いつまで自虐史観に囚われる必要はない。

戦争を起こしたのはだれだ?
負けた責任はだれが負う?
教え子を戦場に送るな!

泣き声は過去のものとなりつつある。

戦後半世紀を超えて我々は脈々と欺瞞にさらされてきたが、
もう誤魔化しは利かない、騙されない。

戦争には善も悪もないしこれらを裁く法もない
日本の行為は全て正当であり、自存自衛の手段として戦ったのが
大東亜戦争であり、日清・日露の大戦だったのだ。
侵略や殺戮を目的としたのでは断じてない!

いいかげんに目を覚ませ。

危機は目前に迫っている。
国家の国民の意思、覚悟が求められている。

さあ、声を上げよう。

・首相官邸 ご意見募集
・民主党 ご意見はこちら
・外務省 ご意見・ご感想

・ぼやきくっくり~「テロ国家指定解除で日本政府はどう動く?拉致問題の行方は…」
・反日勢力を斬る⑵~「米、北朝鮮のテロ支援国家指定解除 」
・青木直人BLOG~「情勢を読む」


見よ!これが対馬だ!朝鮮韓国人に汚染された対馬の動画
・よーめんのブログ~「目の前を歩く朝鮮韓国人を怒鳴りつける!」
・「韓国人の不逞は放置し抗議する日本人は排除する長崎県警」

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

民主党に騙されるな

当ブログで何度も取り上げているが、選挙終わるまで、定期的に載せていくつもり。
まじめな話。民主党は危険・凶悪な政党。絶対に政権を渡してはならない。
後になって、責任追及してもやつらは逃げるから、当てには出来ないことは分かってる。

”自分の身は自分で護る”<”自分の国は自分達で護る” 
日本人がこの意識に目覚めない限り、国家の安泰は永久に来ない。
ようく考えてみて欲しい、今の生活環境、なにげない日常が今後ずっと続くと思う?
危機意識を持たず自主的に考える姿勢を作らないで、誰かに頼ってると自滅するよ?!

国を動かすのは僕らが選挙で選んだ多数決による与党の代表者が執る。
「どうせ誰がなったって変わらないさ。」←こういうのが危険というか始末が悪い^^;;;

こういう国民は結果良しのトントン拍子になれば無関心だが、
負の面が直接わが身に降りかかると分かれば必ず他人のセイにする...( = =)
(それより年金は?ガソリンいつ安くなるん?といった身近なことにしか関心を示さない)
こんな無責任・覚悟のない国民に選ばれた人がまともな仕事ができるはずもない。
(中共・朝鮮等の反日組織は巧みにこの弱点を利用している)

ただ単に”選挙に行く”ことを促しているのではなく、何度も言うけど、
自分らの考えと同じくする人を国会に送り、議論をし、政策を国益に反映させる。
この一連の地道な運動のコトの結果・重大さを今一度考えてみて欲しいのです。




過去記事より~
お試しで任せてみれば?って思うかもしれないけど、衆議院の任期って4年なんですよね。
解散権も与党が握るわけだから、小沢の黒政治が最悪の場合4年続くことになる。
支持率低くても世論をシカトして居座ることもできちゃうのだ。
やつらのマニフェストの表向きは机上の空論法案ばかり。
実態は1000万移民計画の発案者であり、外国人参政権を強力に推進してくる。
日教組・自治労をバックグラウンドに、朝鮮総連・民団とも癒着している。
日米安保から国連主導の安全保障に切り替えるとどうなるか、東アジアにおける
日本の立場は国連の常任理事国である中共の意向に左右されるため、国内外の
わが国の内政・外交・防衛関連事業は事実上ドブに捨てることになるのだ。
日本国の安全は中共様にお任せすることになるのよ・・・(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

民主党に政権とらせたら、あなたの生活が破壊される。 1/5
日本を護る市民の会 黒田大輔さん 街宣活動 H20.10.8 銀座・有楽町
とっても分かりやすい演説です^^
youtube→http://jp.youtube.com/watch?v=ahcvz2rw81k

民主党に政権とらせたら、あなたの生活が破壊される。 2/5
youtube→http://jp.youtube.com/watch?v=NQCrAQC5l8k

民主党に政権とらせたら、あなたの生活が破壊される。 3/5
youtube→http://jp.youtube.com/watch?v=4ISol368dG8

民主党に政権とらせたら、あなたの生活が破壊される。 4/5
youtube→http://jp.youtube.com/watch?v=hPKY2Z-iVkE

民主党に政権とらせたら、あなたの生活が破壊される。 5/5
youtube→http://jp.youtube.com/watch?v=we0Jvqfxb8s

Category : 民主党
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 1 comments  0 trackback

天皇陛下とマッカーサー㊤

人は、イザという時それも緊迫した状況の中、良い判断を心に描くことはできても、
それを即座に行動に移せることができるだろうか?
常日頃の心はどこにあるのか。その行ないに沿って運命が決まる。
そしてイザという時にこそ、その人の本質(実相)が顕れるのだ。

kaiken26.jpg有名な昭和天皇とマッカーサーの会見はその状況を見事に演出している。
演出とは無礼を承知で言わせていただく。この会見で示された二人の姿は、一個人同士の互いの国益を絡めた駆け引きの中で、護るべきものは何かを示されました。それは人の命、尊厳、誇りのドラマであった・・・。
この会見はどのようなやり取りだったのだろう。
ちょっとワクワクしたので取り上げてみる^^

桜プロジェクト -高森アイズ~平成20年5月7日号より
①マッカーサーの証言「マッカーサー回想記」
昭和20年9月27日、昭和天皇はマッカーサーをお尋ねになった。
会見に同席したのは、当時外務省から宮内省に出向しており、
この時、通訳を務めた奥村勝蔵氏のみでした。
(ただし、カーテンの陰からマッカーサー夫人のジーンが覗いていた)

天皇の口から出たのは次のような言葉だった。

「私は国民が戦争遂行にあたって政治軍事両面で行ったすべての
決定と行動に対する全責任を負う者としてお訪ねしました。」


私は大きな感動に揺すぶられた。死を伴うほどの責任、それも私の知り尽くしている
諸事実に照らして明らかに天皇に帰すべきでない責任を引き受けようとする、
この勇気に満ちた態度は、私の骨の髄までもゆり動かした。
私はその瞬間、私の前にいる天皇が個人の資格においても日本の最上の紳士で
あることを感じ取ったのである。


ところが次のようなことが判明される。

②マッカーサーの証言の弱点
⑴ 「回想記」は御会見から20年近くも経た昭和39年に
  『朝日新聞』紙上に連載されたもの(同年単行本として刊行)
⑵ 同書中には、間違いや誤解、事実無根の記事が多く含まれているとの指摘がある。

③奥村手記の公表
平成14年10月17日、
外務省は当日通訳を勤めた奥村勝蔵氏がまとめた「御会見録」を公表。
これに続いて、宮内庁も書陵部で保管していた同記録を公表した。
「一字一句違わない。用箋も同じ。」という。(羽毛田信吾同庁次長)
 ※御会見の直後に公務として作成された公文書は2通あった。
   (全く同じ記録が二つ作成され各々で保管されたということ)
ところがその中には・・・。


此ノ戦争ニ付テハ、

自分トシテハ極力之ヲ避ケ度(タ)イ考デアリマシタガ、

戦争トナルノ結果ヲ見マシタコトハ自分ノ最モ遺憾トスル所デアリマス


と発言があるのみで「全責任を負う」という発言が記されておりません。

「回想録」と「奥村手記」の矛盾
この二つの違いはどう判断すればいいのでしょう。

④児島襄(こじまのぼる)氏の見解(戦争史研究作家)
戦史家の児島襄氏は、外務省の奥村手記公表より、はるかに先立って同記録を入手、「文藝春秋」昭和50年11月号にはほぼ同文のものを発表された。
(同氏『天皇と戦争責任』文春文庫所収)

天皇がそのような、憲法の規定を逸脱する『自分に責任がある』というようなことを
発言されるはずが無い。
(『日本への回帰』第24集)

大日本帝国憲法下において天皇といえども、国務大臣の御璽なしに軍統帥部の御璽なしに国政上あるいは軍事遂行上の重大な決断をすることは出来ない。
したがって、自分の責任であるということには憲法上発言はできない。
昭和天皇がそのような発言をするのはお門違いだというのである。

(御名御璽~天皇の名前と天皇の公印。詔勅などの末尾に御名と御璽が記されていることを表す。法律の公布にあたっても記される。)

⑤マッカーサー証言を補強する史料
⑴ 会見の一ヶ月後の10月27日付でGHQ政治顧問のジョージ・アチソンが国務省に打電した電文。
1974年8月まで「極秘」指定されていた。

マッカーサーから聞いたところでは
『・・・天皇は日本国民の指導者(リーダー)として、臣民の取ったあらゆる行動に
責任を持つつもりだと述べた』

とのこと。

⑵ マッカーサーの副官を務めたフォービアン・パワーズの証言

会談が終わり、陛下の一行をお送りした後、元帥に呼ばれて部屋に行くと、
元帥は本当に感動した様子でぐったり椅子にもたれていた。

(『サンケイ』昭和50年8月15日付)


私は彼が怒り以外の感情を外に出したのを見たことが無かった。
その彼がほとんど劇的ともいえる様子で感動していた。

(『読売』昭和62年10月26日付夕刊)


※前述の奥村手記の「~遺憾である」とする天皇のお言葉に対して、元帥がこのような態度をしめすだろうか?

彼(マッカーサー)から聞いたのは『私を好きなようにしたまえ』というものだった。
まるで歌舞伎の身代わりのようだね・・・。
そこでマッカーサーは感激し、彼(昭和天皇)を護ろうとした・・・。


(マッカーサーは言った)
「天皇を殺すことは、イエス・キリストを十字架にかけることと同じだ。
日本人は立ち上がり、大反乱を起こすだろうね」とね。

(『新潮45』平成11年9月号)


アメリカは天皇を戦犯にしようとしたが、元帥はそれをすれば占領統治はうまくいかない。破綻するだろう。キリストに例えることで陛下を護ろうとしたのだ。

⑶ 昭和30年9月2日、
   重光葵(しげみつまもる)外相が、訪米時マッカーサーを訪ねたところ、
   『回想記』と同様のご発言を伝えた。(『読売』昭和30年9月14日付)

~天皇陛下とマッカーサー㊦へ続く

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

天皇陛下とマッカーサー㊦

⑥奥村手記は2種類あった
⑴ 藤田尚徳(ふじたひさのり)侍従長の証言(中公文書『侍従長の回想』)
  昭和天皇がマッカーサーを訪ねられたとき、随行していた藤田尚徳侍従長が後日、
  「御会見の模様」をまとめた記録が届けられ、それに目を通したという。
  【当然ながら陛下も(確認の意味で)閲覧されている】

これはただ一人同席した通訳の奥村氏がまとめた記録(奥村手記)と考えるほかない。
ところが「宮内省の用箋に5枚ほど」の記録だったという。
(宮内省で作成され保管されていた用箋)

となると、
先頃公表された外務省の用箋を使用した奥村手記とは、明らかに別物だ。


そこ(宮内省用箋)に収められた昭和天皇の発言は次の通り。

kaiken28.jpg敗戦に至った戦争の、いろいろの責任が追及されているが責任は全て私にある。
文武百官は、私の任命するところであるから、彼らに責任は無い。私の一身はどうなろうと構わない。私はあなたにお委ねする。
この上はどうか国民が生活に困らぬよう、連合国の援助をお願いしたい。


つまり、

●外務省用箋は「~遺憾であり」の意が記され、

■宮内省用箋には上と加えて「私の全責任」と記されていることになる。


奥村氏の後を受けて、第八回以降の御会見の通訳に当たった松井明氏(外務省政務局第五課長)の手記によれば、

陛下が一切の責任を一身負われる旨の発言は通訳に当てられた奥村氏に依れば、
あまりの重大さを顧慮し、記録から削除した

という。(『論座』平成14年11月号)

※要するに、「天皇が全責任を負う」旨の用箋が2通作成され、
 外務省向けの用箋はこの部分を削除して送達されたということだ。


当時、連合国内には昭和天皇の戦犯処刑を求める声が猛烈に強かった。
そうした状況下で昭和天皇ご自身が「戦争責任」を認める発言をされたとの情報が
表面化すればどうなるか。


それはGHQとしても決して望まない状態であったろうし、
日本側にもそのことの危険性は十分認識されていた。


この年11月、アメリカ政府は、マッカーサーに対し、
昭和天皇の戦争責任を調査するよう要請した。
マッカーサーは、「戦争責任を追及できる証拠は一切ない」と回答したという。


回想記より

私は、天皇が、戦争犯罪者として起訴されないよう、自分の立場を訴え始めるのではないか、という不安を感じた。連合国の一部、ことにソ連と英国からは、天皇を戦争犯罪者に含めろと言う声がかなり強くあがっていた。現に、これらの国が提出した最初の戦犯リストには、天皇が筆頭に記されていたのだ。私は、そのような不公正な行動が、いかに悲劇的な結果を招くことになるかが、よく分っていたので、そう言った動きには強力に抵抗した。
 ワシントンが英国の見解に傾きそうになった時には、私は、もしそんな事をすれば、少なくとも百万の将兵が必要になると警告した。天皇が戦争犯罪者として起訴され、おそらく絞首刑に処せられる事にでもなれば、日本に軍政をしかねばならなくなり、ゲリラ戦が始まる事は、まず間違いないと私は見ていた。結局天皇の名は、リストからはずされたのだが、こういったいきさつを、天皇は少しも知っていなかったのである。


ようするに、日本の秩序は天皇の存在によって保たれており、
アメリカは日本政府を通じて間接統治を行っていたということだ。
その天皇を戦犯にすれば、根本から日本が崩れる。
マッカーサーもそのことを熟知していたのである。


9月26日付、ニューヨークタイムズ「天皇、今は戦争反対だと語る」
その頃マッカーサーは、会見を前に、昭和天皇に関するあらゆる情報を集めるよう、
部下に指示していた。秘書官は、「我々は、昭和天皇について、徹底的に調べました。
例えば、彼は、海洋生物学の権威でした。昭和天皇が、タバコ好きなことも知りました。
そこで、マッカーサー元帥は、タバコを持っていくことにしました。
こうして、元帥は、昭和天皇についての十分な知識を持って、会見に臨むことができたのです」。


いかに当時の日本が緊迫した状態だったか理解できよう・・・。

結果、マッカーサーとのやり取りは未来永劫秘密とされた。
「男の約束だから言わない」


1946年1月、昭和天皇は人間宣言を行った。その年の2月から9年かけて、日本各地を巡幸し、国民と直接言葉を交わした。1977年夏、那須御用邸で記者会見を行い、初めて戦後の思い出を語った。しかし、マッカーサーの初会見で、何を話したかについては、言えないと答えた。「マッカーサー司令官と、はっきり、これはどこにも言わないと、約束を交わしたことですから。男子の一言の如きは、守らなければならない」と。
 1989年1月、昭和天皇が亡くなるまで、ついにマッカーサーとの会見の内容について語ることはなかった。


⑦憲法を越える「民の父母」としての責任
大東亜戦争について昭和天皇に法的・政治的責任は無い。
立憲君主としてのお立場に限定すれば、児島氏の見解の通り、
「自分に責任がある」とのご発言は出てくる余地は無い。

しかし昭和天皇は確かに「責任はすべて自分にある」と明言されている。
これは何故か。

かつては第105代後奈良天皇は16世紀の天文の大飢饉に際し、民衆救済を祈って
般若心経を自らお写しになり、奥書には次のように認められています。

 こ と し 天 下 大 疫、万 民 多 く 死 亡 に お つ

 朕 民 の 父 母 と し て 徳 覆 ふ あ た は ず 

 甚 だ 自 ら 痛 む


この時の飢饉や悪疫の流行に対し、
後奈良天皇の法的政治的責任を問われるいわれのないことは言うまでもない。
しかし、「民の父母」として、自らの責任を
心中深く銘記しておられた。

kaiken33.jpg

昭和天皇がマッカーサーに語られた「責任」とは、
まさに憲法や制度を越えた「民の父母」として、天皇が自ら進んで背負われた責任であった。
(引用ここまで 一部付記あり)



・゜・(つД`)・゜・ウワァァァァァン
陛下は常々、僕ら国民を自分の子供として扱ってくださっていたんですね。。。
2600年余り続いた皇統の歴史・地位を棒に振ってでも国民を護ろうとした。。。

当時のアメリカがしたことは今更責めるつもりは無いが絶対に許すことはできない!
終戦の詔勅にも言及されているように、陛下は東亜の平和を願っていたから、
他国への侵略・主権を侵すなどという暴挙もあり得ない。
だから、戦争責任を問われる筋合いもないのだ。


”宜シク挙国一家子孫相伝エ、確ク神州ノ不滅ヲ信シ、任重クシテ道遠キヲ念イ、

 総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ、道義ヲ篤クシ、志操ヲ鞏クシ、

 誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ、世界ノ進運ニ後サラムコトヲ期スヘシ。

 爾臣民、其レ克ク朕カ意ヲ体セヨ”


御詔勅にはこう結ばれている。



天皇はなぜ尊いか~「ぼやきくっくり」さん→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid562.html


ソース動画→昭和天皇はマッカーサーに本当は何を語られたか

channelsakura
日本文化放送局チャンネル桜
←こちらの応援もよろしく^^




(付記)

 マッカーサー元帥は、側近のフェラーズ代将に、「私は天皇にキスしてやりたいほどだった。あんな誠実な人間をかつて見たことがない」と語ったと言う。(当時外務大臣であった重光葵氏が、1956年9月2日、ニューヨークでマッカーサー元帥を尋ねたときの談話による。)

 他にも、「一言も助けてくれと言わない天皇に、マッカーサーも驚いた。彼の人間常識では計算されない奥深いものを感じたのだ」〈中山正男氏、日本秘録98項〉

 「この第一回会見が済んでから、元帥に会ったところ、陛下ほど自然そのままの純真な、善良な方を見た事がない。実に立派なお人柄である」と言って陛下との会見を非常に喜んでいた」〈吉田茂、回想十年〉などの記録がある。 

 マッカーサー元帥は、陛下がお出での時も、お帰りのときも、玄関までは出ない予定であった。しかし、会見後、陛下がお帰りの際には、思わず玄関までお見送りしてしまい、慌てて奥に引っ込んだ事が、目撃されている。〈吉田茂、回想十年104項以降〉。



昭和20年終戦時の御製
kaiken000.jpg

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

チャンネル桜を応援します^^

地上波に対する幻想は捨てましょう。
スポンサーつきの自由な報道などあるわけがない。
by青木直人Blog





チャンネル桜は、どこにも偏らないどの団体にも属さない対等フェアな報道放送局。
この放送局の持つ情報発信量は絶大なものがある。
その中身は絶対に地上波で得られることは出来ない。
主に、政治・歴史・時事問題に関連した報道・討論・談義等が行われている。
番組の見てくれ部分・演出は地上波のそれとは遥かに地味ですが、
デコレーションは不要なものだと納得できる内容です。

一日も早くTV放送局として復活されることを祈っています^^
(大家のCS放送局”ハッピー241”が頓挫したため現在はSo-TVによるネット放送のみ)

桜を見ていると地上TV局の報道は印象操作されているのがありありと分かる。
(ターゲットの影部分だけがクローズアップされ光の”良い”部分は常に無視)
地上TV局の実態は中共や朝鮮人、反日国賊・サヨク売国奴が放送権益を執っているのだ。
政治において日本人を無気力・無関心にさせている現メディアの力は強大であり、
(例:これが投票率を下げ→無党派票が飛び→アホ政党候補が当選するというカラクリ)
この”無関心さ”は事実から遠ざけられ、虚構に振り回されているのに気付きもしない。
特にネットを持たない層は、うそつき・偏向報道に頼らざるを得ない。
国民が政治問題に関心を持てない理由はここにある。いわゆるノンポリ。

真実を知りたくば行動すべしw
ネットには全ての答えがある。


動画は
youtube→
ニコニコ動画→ 
zoome→

Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

麻生"喧嘩上等"内閣www

      ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│
      └─┤  └─┤
      _   ∩   _  ∩ ホソダ!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ホソダ!
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
 |●|    |●|
 └─┘    └─┘

”(小沢の)強引な政治のイメージこそが、
麻生総理と小沢党首についての世論調査によります期待度の差として明らかに現れている。小沢さんに付いていった人は今、民主党の席に6~7人おられます。この閣僚席に3人おられます。我が自民党には15人以上おられます。しかしこの方々に聞いてみると、「もぅ小沢さんには懲り懲りだ!自由な自民党のほうがいい。」”


平成20年9月29日衆議院本会議場にて
アソウ総理国会所信表明はミンスへの攻撃を色濃くした。
だが、リアリズムを無くした空想の話をする汚沢ミンスは逃げの一手に転じ、
業を煮やしたホソダ幹事長は総理に追従すべく、汚沢への集中攻撃を開始したのである。
(スターウォーズのBGMが聞こえてキタコレw)


Imperial March


細田幹事長国会質疑




いまだかつてこれほど熱い細田さんを見たことが無い(゜∇゜ ;)
ほん・・・とテレビで(繰り返し)取り上げないんだなぁ。。。
マスコミはそんなにミンスに勝たせたいのか@@?
私見繰り返すけど、ミンスに政権渡すと日本終わります(これホント)

お試しで任せてみれば?って思うかもしれないけど、衆議院の任期って4年なんですよね。
解散権も与党が握るわけだから、小沢の黒政治が最悪の場合4年続くことになる。
支持率低くても世論をシカトして居座ることもできちゃうのだ。
やつらのマニフェストの表向きは机上の空論法案ばかり。
実態は1000万移民計画の発案者であり、外国人参政権を強力に推進してくる。
日教組・自治労をバックグラウンドに、朝鮮総連・民団とも癒着している。
日米安保から国連主導の安全保障に切り替えるとどうなるか、東アジアにおける
日本の立場は国連の常任理事国である中共の意向に左右されるため、国内外の
わが国の内政・外交・防衛関連事業は事実上ドブに捨てることになるのだ。
日本国の安全は中共様にお任せすることになるのよ・・・(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


麻生総理GJ とても素晴らしい演説です^^
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2008/09/29housin.html←全文
第170回国会における所信表明演説-平成20年9月29日

Category : 政党・政治
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。