八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

「東京裁判」の根拠2

続き

それをみても。。。”虐殺” という言葉は出てきません。
同じなんですね。”流れ”がずうっと
そしてこのままずうっとその”流れ”がありますが、


実は、同じ南京の欧米人が”プロパガンダ”、、、
日本語でプロパガンダとしか言いようがないんですね。
日本人はプロパガンダしていませんから、プロパガンダという意味の翻訳ができません。
強いて翻訳すれば、悪戦略、偽宣伝~~宣伝。

南京の同じ欧米人が”プロパガンダ”をします。

まずそれは、南京陥落”直後”にその”プロパガンダ”がでます。

三日後ですね。
(アメリカの大新聞に)「南京虐殺物語」というタイトルを記事として出ます。

そして、7ヶ月後の昭和十三年七月に「戦争とは何か」(H・ティンパーリ編)という本が出ます。

この二つ、つまりアメリカ人が書いたこのプロパガンダというものが、
アメリカの新聞に載り、その記事が単行本となって出版され、
そしてそれが、

東京裁判の唯一の根拠になりました。

東京裁判のアジアの根拠それが長い間分かりませんでした。。。
しかし、ようやくこれが分かった。

これが、アメリカの新聞記事、その他の新聞とそして「戦争とは何か」という
極東~~宣伝部が密かに作った~~宣伝書籍。
この二つが東京裁判の根拠となっておりました。

そして、その東京裁判の後ですね。
本多勝一さんが北京政府の許可を得て、単独で取材して「中国の旅」として
連載記事をお書きになり、昭和四十六年です。
そしてそれが単行本になる。これで中国の国府政府は
南京大虐殺を”輸出”したわけです。

”輸出”したのはどういうことかと言いますと、同じころにフランスの学者や学生達が、
北京政府の強力な支援の元に中国の旅行~の本を英語版で、
1500ページの分厚い本です。を作って同時に

本多勝一さんの「中国の旅」を同時にほぼ同時に出版しました。

その1500ページの中国の~~南京という項目がありますが、
南京事件は、”1927年”の南京事件でありました。
1937年の日本軍の南京占領ではありません。

先立って南京事件といえば、
1927年の国民党蒋介石軍が国別?の土地南京を陥落させます。
そして欧米人を虐殺します。日本領事館領事長以下も牢獄されたというこの
1927年3月の南京事件は戦前の南京事件であったんです。

フランスには南京大虐殺を輸出する。。
日本で南京大虐殺のことを一生懸命にいう人がいるから日本に南京大虐殺を輸出して、
先日の南京陥落記念70周年に至っている。

と、こういう流れでございます。

(文字起こしここまで。)
(~~~や、○部分は聞き取れず)





復讐の儀式であった東京裁判は
明らかに勝者(連合国)側による一方的な制裁劇場であったわけだけど、
なぜにこのような大げさなプロパガンダを発したのだろうか?
日本を裁くために周到?に用意された証拠物件となったわけであるが、
それが戦後63年を経て、ネットのいたるところで、
ブロガーによって論じられているし、
そして水島総さんがこしらえた映画「南京の真実」
東京裁判の根拠となった「南京大虐殺」の実態を解き明かしてくれる。

もちろん、これらを良く知る学者や知識者は当然ではあるけれど
この映画は普段政治に疎い、関心が無い人にも今世の中で起きている出来事に
関心を持たせるきっかけになるはずだ。

TRAILER~南京の真実







Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

「東京裁判」の根拠

映画「南京の真実」シンポジウムにおいて(H19年12月)
亜細亜大学教授の”東中野修道”先生の論説を文字起こし。

復讐の儀式である”東京裁判”の根拠について分かりやすく述べておられました。



以下より
ある事件がどうだったか。
ある事件をどう解釈するのが正しいのか。
元のところまで遡って考えていく必要があるわけです。
そうみますと抽象的ですから、具体的に申しますと、

三年ほど前、”毎日毎日?ワイドショー”の話題になったことがありますが、
それは、福岡二区選出の民主党の新人議員が自民党の”山崎拓”を破って当選しました。
ホームページに”アメリカのペパーダイン大学卒業”と経歴を載せていたはずです。
この問題、ずいぶん大きな問題になりました。

元を辿っていきますと、結局ペパーダイン大学が、その人、その卒業生と称する
人の記録を持っているか、持っていないかに行き着いたわけですね。
で、結局卒業したという記録が無かったために、
”卒業という事実”は無かったと、こういうことになりました。


日本軍の南京占領はどう考えたらいいのか。どう考えるのが正しいのか?
このことをずうっと遡っていったわけです。

そうしますと、二つの”流れ”があります。

ひとつ、事実はそうだったんだろうという”流れ”です。

で、もうひとつは、
同一人物が言っていることと、自分たちが公文書に書いていることと、
全く違った宣伝をしているとしか思えない”流れ”。

この二つの流れがあったわけです。


まず、”事実の流れ”からいきますと、
先ほど映画でも多くの方々が南京に45日間いたけれども、
「虐殺・強姦、そんなこと、聞いたことも見たこともありません。」と。
こういう証言をされていました。
リンク→南京の真実「証言」1/2

ところが、、、南京にいた欧米人ですら、”そう”言っているんです。
~~知りませんけれども、
南京の欧米人は、日本大使館に~~~~報告書をいうものを作っておりました。
その中で、殺人は24回、
目撃された殺人は1件、しかも合法的処刑でした。
そうして言えば、お隣の富沢先生(横に同席されている)が
日本語で利用できるアメリカ人やドイツ人や中国人の
その当時の記録をパソコンにインプットなさった。

それでもやはり、同じ結果です、殺人は。

強姦は17回、略奪は26回、放火が1件、足して44件です。
二ヶ月間。
これを多いと見るか。少ないと見るか。

日本軍の大不祥事と見るか。 そこに問題があります。

ちなみに申し上げますが、
広島県の呉に敗戦後、連合軍が占領しにやってきます。
昭和二十年の十月から年末までの・・・二ヵ月半くらい、14人が殺されています。

昭和二十年の八月十五日 
それから二週間経ちました八月三十日に、神奈川県に米軍が上陸します。
八月三十日から一週間の間に、800件なんです。
”それを報道するな”という、その後報道禁止しましたけど、
その後はどうなったのか分かりません。


日本軍はあの南京で不祥事があった場合、
本当に厳しく罰したんですね。
それでも数十件です。殺人は1件もございません。
で、そういう流れが今から私は何人の欧米人が記録した~~~報告というものに
基づいてお話をしているわけです。
彼は、アメリカの東京の大使館から南京の○○部会が南京に飛びまして
実情調査しました。
夜を賭して、南京の欧米人たちと情報を交換しました。
その結果、視察報告の記録が出ています。

それをみても。。。”虐殺” という言葉は出てきません。


同じなんですね。”流れ”がずうっと


そしてこのままずうっとその”流れ”がありますが、

続く



(~~~や、○部分は聞き取れず)







Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

復讐の儀式~「東京裁判」

先の大戦、大東亜戦争に敗北後の今日に至るなかで、
”日本は悪であった”とする誤った歴史認識は
全て、アメリカ軍による一方的な復讐の儀式で始まった。

歴史に名高い”東京裁判”である。



(引用ここより)
正式には「極東国際軍事裁判」という。
国際という名称があるから、何か国際法に基づいたものだと
思っている人も多いが、それはまったくの誤解である。

この裁判の根拠となっているのは、占領軍(主にアメリカ軍)が
公判直前にこしらえた
「極東軍事裁判所条例」(昭和二十一年一月十九日布告)という
一連の文書にすぎない。

それどころか、裁判官と検事がグルになっているのだから、
これは裁判と呼べる代物ですらない。

検事がすべて戦勝国の人間であるというのはまだましも、
裁判官もすべて戦勝国か、その植民地国の出身で、
中立国の人は一人もいないのだ。つまり、これは裁判という
名を借りた復讐の儀式だったのである。

かつて、宗教裁判にかけられた”ジャンヌ・ダルク”は

自ら「神の声に導かれた」と主張し、

異端審問の検察官は、
「悪魔に導かれた」と主張し、被告側は「正当な自衛権の行使であった」
と主張した。侵略戦争の法的定義は確立しておらず、
国際法でも認められていなかったから、
「悪魔に導かれた戦争」という言いがかりと同じようなものである。

また、ジャンヌを捕らえたイギリス軍にとっては、イギリス占領下のフランスに
ジャンヌの真似をする人が将来また現れると困るので、
ジャンヌを魔女として処刑することが軍略的に必要だったという。


話を戻して、当時の連合国にとっては、再び日本みたいな強い
有色人種の国が出て、白人の権益を脅かすことが将来にわたって
起こらないようにと、日本人の代表を魔女のごとく処刑し、
二度と魔女みたいな者が現れないように配慮した。
日本人に劣等感と罪悪感を持たせよ、というマッカーサー司令部が
行ったものである。
(後にマッカーサーは自伝の中で、「日本の戦争は概ね自衛のためのもので
あった」と公式に述べている。)


これで、日本の戦前の行為を「悪魔に導かれた」とする根源は、
絶たれたはずであった。

ところが、日本の革新政党や進歩的な大新聞は
東京裁判史観、つまり朝鮮動乱以前のアメリカの日本観を固守した。

特に、革新政党の支配下にあった日教組は、この東京裁判史観を
教科書と教室において永続化することに成功したのである。

「日本は犯罪国家であった」という”勝者の言い分”のみを
子供たちに教え、”負けた側の言い分”については、一切教えてこなかった。

しかも、「日本人には自国に対し罪悪感を持たせるようにすべし」という
マッカーサー司令部の命令が徹底的に実行された。

このことが、どれだけ日本に損失を与えたかは、計り知れない。。。

言ってみれば、

物心つかないうちから

「おまえの父親も、おじいさんも極悪人であった」とだけ言い聞かせて育てるようなものではないのか。

例え、それが事実であったとしても、そのことだけを吹き込まれて育った子供が、

はたして”自分らしさ”を持ちうるだろうか

またそういう教育を受けることが幸福といえるのであろうか


(引用ここまで)
以上、渡辺昇一の昭和史 より

続く

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  1 trackback

胡錦濤に天皇陛下がチクリ

(記事より)
天皇皇后両陛下は五月九日、胡錦濤主席を滞在中のホテル・ニューオータニにわざわざお訪ねになり、お別れの挨拶をされた。

宮内庁記者はこう語っている

七日の宮中晩餐会で佐渡での繁殖に成功したトキの話題を話されているのですが、このニューオータニの会議でも、再び陛下はトキの話題に触れられたのです。




陛下
「農業で農薬が使われないことが重要です。」




胡 「放鳥したトキから雛が生まれ、環境はトキにとって良くなっていると思います。」




すると陛下はこう続けられた。

「動物にとって良いことは

人にとって好ましい環境ということですから、

環境は大事だということです。」



この発言は、宮内庁や皇室関係者の間で、「陛下がチクリと中国の環境悪化に
ついて指摘された」と盛り上がったという。

自然と国民を何よりも大切にされている陛下らしいご発言である。自然も国民も大切にしない中国共産党主席に対しては、耳の痛いご発言であったろう。

 この逸話から思うことは、元首が生物学者であられるというのは、自然を大切にする我が国が誇りとすべき国柄の一つである、という事である。
(記事ここまで)
週刊文春、平成二十年五月二十二日、「胡錦濤に環境破壊をおたしなめになった『天皇のお言葉』」


(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ 

戦後63年、皇室外交の場において、陛下が相手国の急所を突く発言を
されたのは今回が初めてとのこと。

トキの誕生に絡めて”毒ギョーザ”や”チベット、ウィグルの人権問題”に言及しています。
陛下のご行動・ご発言は、先が見通せるのではないかと思ったりもします。
いままで、陛下ご自身の判断で踏み込んだ発言は起こりえなかったし、
なによりも、ご自身のご発言により国民に支障をきたす事、
またそのような思いをせずにと、御思いになられてのご発言である。



このお言葉を聞いたコキントウは狼狽したらしい。


しかし。。。
今の総理ときては、、、相手の嫌がることをしない的態度だもんなぁ。。。
なさけなくて泣けてくる( TωT)




河野談話撤回署名にご協力くださいhttp://kounodanwa.com/

今改めて問う 河野談話とは何か?http://youmenipip.exblog.jp/i26

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

アグネスと児童ポルノ法

妙な名前の法律ですね。

要するに児童虐待をなくしましょう、
類似の事件を起こさないように根絶します。
青少年に対する性的虐待や買春を防ぎます。というのが目的らしい。
(青少年とは18歳未満の男女を指す)

それか「青少年虐待禁止法」とかすればいいとおもうのだが。。。

このタイトルからして上記の要旨には遠い内容に感じる。
まずね、名前がいけない。
ストレートに露骨に、児童”ポルノ”ですからね苦笑
子供に「ポルノって何?」って聞かれたら説明に困るだろうがw

それはさておき、1999年法成立後虐待件数は
犯罪が減ることはなく、際立った効果は見られないらしい。

こんなのを見つけました。

ここに載せる間に削除されとる・・・汗

幸い、一時ファイルが残ってるので要約すると、
2008年4月7日NHK放送の「視点・論点」アグネス・チャンの一人語り。
日本ユニセフ親善大使の肩書きをお持ちのタレントさんです。

冒頭からいきなり 悲痛な表情で迫ります。

HIVエイズの患者拡大により、買春を生業をする人達が、より若く、より若く、

性的交渉のない子供たちを使おうと言い出した。

それによって、子供は体を売られ、沢山の犠牲者がでてきた。

また、ネットの拡大によって児童ポルノをいつでもだれでもどこでも手に入れるようになったと。

合わせて犠牲者も沢山増えているという。

毎年百万人以上犠牲になっていると言われていると。

スウェーデンのストックホルムでエイズ撲滅の国際会議が行われた。

そこで、日本は加害国であると指摘されたんです。





( ‥) ン?




日本が加害国???



つづけて、




日本人は東南アジアに出かけるなどして少女買春を増やしていると。



とどめは、



日本は児童ポルノの輸出国であると指摘されたんです!

沢山のポルノ映像が世界に向けて発信されている





基地害ですね。。。。(ーー;)


ブログ主が気にいらないのは
なぜ日本が大々的に加害者として扱われるのかという一点。
ポルノや買春は世界各地で蔓延しているだろう???
ことに”児童や青少年”に関しては日本は世界で最も規制が厳しいのだ。
しかも、輸出国って・・・。
日本が国を、国家を上げてポルノを奨励してるのか?w
もうね、アホかと、バカかとwww
個人単位でみれば、その類の輩はいるだろうが、
国でなくこいつらをターゲットにすればいいだけのこと。


番組の中で世界各地の子供たちの画像がでてきますが、
日本のは見当たらず、エビデンスがありません。

児童ポルノ法とアグネスの関係もそうですが、
この法で効果がないと見たのか”所持禁止”とまで加えた法改正が審議されるとか。
不穏な空気を感じます。

もう、これは悪意を持った輩がわが国を貶めようとしているのではないのか(`□´)。
アグネスもアグネスだ。
公共放送NHKのTVに出てきて、
日本を悪者扱いし、

それに加え、


なんの悪びれもなく堂々と子供を持ち出すその神経を


疑わざるを得ない。



国内での児童ポルノ法とアグネスとその背後に見え隠れする不穏な影。

NHKもおかしなところありますよね。。。


動画ありました。


veoh動画




河野談話撤回署名にご協力くださいhttp://kounodanwa.com/

今改めて問う 河野談話とは何か?http://youmenipip.exblog.jp/i26


Category : 児童ポルノ法
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 2 comments  0 trackback

沖縄がシナに乗取られる?

無知や固定観念ほど危険なものはない。
事実を知れば知るほど、進むべき道が見えてくる。

問題に直面し、それをどう認識するか?でその人の後の行動が変わってくる。

無知なら勉強すればいいが、固定観念ほどやっかいなものはない。
たとえば、極端に言うと、■は私たちには四角という図形であると認識できるが、
他の場の人はこの■は丸い形だと判断するとしたら?



あなたはその認識の違いをどのように扱うことができるだろうか?



ぶっちゃけていえば、先に書いた 他の場とは 他の国のこと。
もし、もしもですよ。
わが国が何者かによって、その者たちの国の価値観を押し付けられることになれば
みなさんはどのよう対処するでしょう?
それがまた人命や国の存亡に関わることになってきたら。。。



今の日本どこかおかしいと思う。
誰でも殺人鬼になれるし、食品に農薬が入ってたり、賞味期限改ざんしたもの
産地偽装とか平気でみんなやる。
いまだに北に拉致された人は全員戻ってこない。領土の一部も不法に侵害され、
ガソリンに便乗して食品が物価上昇しつづけ、収入は下降の一途を辿る
一国の総理は国民の批判をよそに「他人の嫌がることはしない」を美徳として
事あるごとに他人事のように対応するだけ。

一体何が起きているのか・・・。




その答えはネットにあった。
マスコミやTVメディアでは一切取り上げない。。。




そして、




このまま何もせずにいれば、
日本の未来は絶対になくなる。。。







発端はようつべの動画。

数ある投稿動画を流して見ているとある動画が目に止まったのです。

桜井よしこさんの講演でした。

新聞の雑誌広告で、チラチラと桜井さんの名前を拝見いたしましたが、
どんな人なのかは知らず、お年の割り(コラコラ)に美人だという点だけで、
雑誌記事の”憲法、教育基本法、愛国心”等など桜井さんの論説を流し読みした程度の
私にはあまり実感というか認識(知ろうとすること考えること)が持てなかったのが正直なところです。


その動画を見聞きしていると。。。。

「(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! Σ(=゜ω゜=;) マジ!? うそだろ・・・」唖然としました。


桜井さん曰く

「数年の後、台湾はやがて高い確率で中国に

飲み込まれるだろう。

次に最前線に立つのが

沖縄でございます。」


目からうろこでした・・・。

桜井さんの語り口は雄弁で堂々とした姿勢で、これだけでもインパクトがあるのに、

なにを言い出すんだこのおばさんは!(すみません^^;) が率直な感想。


(H20.3.29)つくる会「沖縄問題」緊急シンポジウム・「狙われる沖縄」と日本 の前途-教科書検定・
大江健三郎裁判・沖縄「特別」論の虚妄- 桜プロジェクト平成20年4月1日号より。


沖縄が飲み込まれるってどういうこと?!


この答えを知るべくネットの海を泳いでいます。

この事実を知ったのは2008年(平成20年)4月頃でした。

これ機に過去を回想しながら、時事問題と伏せて書いてみようと思います。


日本文化チャンネル桜http://www.ch-sakura.jp/
インターネット放送局So-TVhttp://www.so-tv.jp/
南京の真実http://www.nankinnoshinjitsu.com/

追記





Posted by カート茶(silvervine37) on  | 1 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。