八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

スティーブ・ジョブズ氏がもたらしたもの



Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

参加者の抗議の声~9.27 中国の尖閣諸島侵略糾弾!緊急国民行動

Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

青山繁晴さん、桜のキャスター出演へ^^

振り返ってみると与謝野さんは、先の予算委員会で鳩総理を平成の脱税王と盛んに非難していたが、
同じ与党幹事長、小沢の違法献金等の問題には一切言及していなかったんだよね。

与謝野さんを始め、離党届をした鳩弟とマスゾエは小沢と裏で繋がっているという事実を
青山さんは裏づけを元に解説しています。



応援したい方は再生数アップと評価にご協力をw
youtube→http://www.youtube.com/watch?v=CgtmODyqobQ

Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

よしりん、宮中に招かれるw

チャンネル桜 【ゴー宣 チェリ*ブロ】
第6回目となる今回は、昨年末の宮中での御茶会に招待された際のエピソードと、
「保守の日常と自己欺瞞」をテーマに展開していきます。
コメンテーターは漫画家の小林よしのりさんとジャーナリストの笹幸恵さんです。



SAPIO (サピオ) 2010年 1/27号
http://www.amazon.co.jp/SAPIO-サピオ-2010年-27号-雑誌/dp/B0031017U8
sapio2010127.jpg



Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 1 comments  0 trackback

日本は資源大国になるかもしれない@@!青山さんin田母神塾

今回は目から鱗のお話です。未来の日本の希望です^^

チャンネル桜"田母神塾" 青山繁晴さんを招いて、隠れた天然資源メタンハイドレートについて解説しています。

日本政府を初め石油利権どっぷりの石油屋達は、この隠れた資源を国民に知られまいと隠蔽してきたのだという。

日本近海、しかも日本の領海内でUFOキャッチャーのごとくラクラク抽出することができる天然資源が大量にあるという。

なぜ採掘しないのか@@? なぜ隠すのか@@?
 
理由は。。。石油屋曰く

「日本は戦争に負けたから、アメリカ様の仰せのままに石油を輸入し続けなければならないのだ。」と。

んなこと言ってたら、日本は侵略されてしまうぞ@@!!

経済の一翼を担う石油屋がこのような認識では、何時まで経っても日本は奴隷のままだ。
一刻も早い歴史の見直しと教育改革が必要だろう。

以下、田母神塾でその内容をご覧ください。動画の拡散もよろしく^^
希望ある日本の未来に有益な情報を提供してくれた青山さんにも感謝ですペコリ(o_ _)o))

http://www.youtube.com/watch?v=3uRzslvAT_M



http://www.youtube.com/watch?v=B13_ZNVI4FI



http://www.youtube.com/watch?v=dcyWpzMK_RI



Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

小沢は5、6月に辞職か。ニッポンの危機を共有する国民が増えてきている。

花うさぎさんの世界は腹黒いより
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1428651/

ホテルニューオータニで東京地検特捜部による注目の小沢幹事長の事情聴取が行われたタイミングに合わせるかのように、「1.23 金権腐敗・小沢一郎は議員辞職せよ!外国人地方参政権阻止!緊急国民大行動」が急遽実施され、約600名を超える参加者が抗議の声とデモ行進を行いました。



日本テレビの女性記者
「政治資金規正法に基づく収支報告書の虚偽記載の件で、一点だけご確認をさせて頂きたいのですけど、これまで幹事長は、これは単純な記載ミスであるというふうにご説明されてきました。で、今日の会見をうかがっておりますと、えー、一切関わっていないと、というふうに仰っておられるのですけれども、一切関わっておられないのだとすれば、なぜ単純ミスだというような評価が、これまでできたのでしょうかと、いうことについて一点おうかがいいたしたいと思います。」

小沢被疑者
「うん、、あのーーー、こういうような、あーーー問題に、いーーーー、なってー えーーーーー、まいりまして、私が言ってるのは、あーーー そのような、あーーー、単純なミスや記載ミスは、あー、あったかと思うけれども、おーーーーー、その不正な、あーーーーカネを受け取って云々とかいう類のことは、もう一切無いと私は信じていると、おー、いうふうに、いー党大会でも、おー申し上げたー通りでございまして、私は、あーーーーーーーーーーー、、現時点におきましても、おーーーー、石川議員も、また、あー他の、おー秘書、または秘書であった者も、おー精一杯、いー、自分の、おー、任務を、おーーー、果たそうとして努力してきたと、そのように信じております。」





Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

新春キャスター討論~チャンネル桜

【スカパー!217ch チャンネル桜】日本よ、今...闘論!倒論!討論!2010【新春キャスター討論】★平成22年1月2日 公開★ (2/3)→sm9275114 (3/3)→sm9276073パネリスト: 井上和彦(軍事ジャーナリスト) 佐波優子(フリーアナウンサー・予備自衛官補) 鈴木邦子(外交・安全保障研究家) 高森明勅(日本文化総合研究所代表) 田母神俊雄(前航空幕僚長) 富岡幸一郎(文芸評論家・関東学院大学教授) 西村幸祐(評論家・ジャーナリスト)






Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

【直言極言】禅の世界と日本人の精神

チャンネル桜社長の水島総さんのコーナー
道元禅師の正法眼蔵(ショウボウゲンゾウ)の観点より、
西洋文明と日本文化の違いを説かれておられました。
なるほど~と感嘆させられる講話だったので紹介します。

以下、部分抜粋
お花見の桜は薄いピンク色をした花であるが、
(私たちは)単に花見をしてその美しさを愛でているだけでなく、
その美しさの中に時間と云うものを感じている。
之はまもなく散る、そして来年また芽を出す、
日本人は桜や(他の)花々に美を見つけ出すことがあるけれども、
単なる形象の美しさだけではなくて、
その花に込められた命の時間、ものの哀れ、はかなさ。無常。
ということも含めて美として感じる。
全体として時間と空間を丸ごと受け取る、そういう文化を持っているのが日本人だ。


私たちは(狭い日本の土地柄で生活していながらにして)
祖先から未来へ繋がる大きな時間の流れに自分たちを感じることが出来る。


続きは動画をごらんください(^^ゞ

動画 【直言極言】禅の世界と日本人の精神[H21/9/12]
http://www.youtube.com/watch?v=4aCOj3oMUq4


時間の許せる方は是非お読みください。
チャンネル桜メルマガより以下抜粋

「磨いた石をぶつけると火花を生じる」

                   日本文化チャンネル桜代表 水島 総

先週の土曜日、西尾幹二先生の主催する坦々塾で講演させていただいた。
タイトルは「道元禅師『正法眼蔵』と私」ということで、一時間半ほど話した。

五十名ほどの塾生の皆さんは、私をチャンネル桜代表の政治的人物として
考えていたらしいので、「禅仏教」を語るとは思ってもいなかったようだ。
意外そうな皆さんの表情がちょっと愉快だった。

このきっかけを紹介すると、以前、西尾先生が討論番組に出演され、その
後一緒に食事をしたとき、偶然、日本文化と西欧文明の違いが話題となった。
私は、その基軸を時間(日本文化)に置くか空間(西欧文明)に置くかとい
った根本的な違いで、それは道元の「正法眼蔵」や「正法眼蔵随聞記」等
からヒントを得たと話した。

西欧近代の発想の基軸には、空間の拡大や充実の意識が中心にある。

詩人カール・ブッセの詩句にある「山のあなたの空遠く 幸い住むと人の言う」
という発想、マゼランやコロンブス、イエズス会、アメリカの宇宙開発等々に
みられるように、「ここではないどこかへ」行けば、何か幸せや黄金の国ジパ
ングがあるという空間移動や空間の拡大が、西欧近代文明の基軸なのでは
ないか。

それに対して、「方丈記」の国日本は、「もののあはれ」「無常」「はかなさ」に
生きる国であり、「一方丈」の狭い空間の中でも、うつろいゆく自らのいのち
の時間と永遠の時間を重ね合わせ、その時間を基軸とした人生を生きること
が出来る国である。

そして、私が考えている禅でいう「悟り」とは、自分の存在(肉体や精神)を
空間的存在であると考えず、「心身脱落」して、自己をして「時間」そのものに
なり切ることが「悟り」なのではないか、そして、日本文化は「皇統」も「神道」
も、同様に「時間軸」を中心に据えていることが、西欧文明と異なる本質では
ないか、そんな話をしたところ、西尾先生が興味を持ってくれ、講演を依頼
されたのだった。

無論、私は本格的に座禅修行してたわけではないが、この「時間基軸論」は、
当たらずとも遠からずの感覚を持っている。
 
仏教の「般若心経」は、法華経と同様、大乗仏教の中心的な教えだが、その
中に「色即是空 空即是色」という経文がある。
色は「物質」という意味で、一般的には、「物質はあって、無い」というように
解釈され、「現実(物質)は存在しているようで存在しない」といったように伝え
られている。

つまり般若心経の「空」は、青空のようなもので、青空は有るけれど、どこまで
空を目指して昇って行っても、青い空は無いというようなものだと言われてき
たのである。
無論、般若心経は大変深遠な教えであり、こういう場で簡単に片づけてはなら
ないことだけは付言しておかねばならない。

しかし、私はこの色即是空の空を「時間」だと、「正法眼蔵」より教えられた。
正法眼蔵は大部の書だが、その中に「有時」(うじ)という章がある。

「いはゆる有時は、時すでにこれ有なり、有はみな時なり」

「山も時なり。海も時なり。時にあらざれば山海あるべからず。山海の而今に
 時あらずとすべからず。時もし壊すれば、山海も壊す。時もし不壊なれば、
 山海も不壊なり。この道理に明星出現す、如来出現す、眼晴出現す、拈花
 出現す。これ時なり。時にあらざれば不恁麼なり。」

                          (「正法眼蔵 『有時』」より)               

色即是時(空)なのである。

近代西欧哲学では、ニーチェの「永劫回帰」思想において、時間という基軸の
導入を「気づかれて」はいたが、あくまでそれも空間を基軸に据え、空間を流
れる時間としてしか捉えられていなかった。

しかし、二十世紀となり、アインシュタインの相対性理論の「時空」という概念
は、ついに初めて西欧に、「空間」に対する「時間」を不二、同一、同等な概念
として導入したように思われる。

例えを挙げれば、「光速で宇宙空間を移動すると時間の進行が遅くなる」と
いう有名な話である。
しかし、さらに、この時間と空間を同等に見る時空概念を超えて、時間その
ものを基軸に据えたとき、「天地一杯、宇宙一杯」の如来出現(悟り)が起こる
ように思われるのである。

お釈迦様は、紀元前からこのことを気付いていたのである。

何か難しい話になったので、ここらでやめておく。
西尾先生からは、講演後、大変なおほめの言葉をいただき、文字にしたいと
の申し出を受けた。
ありがたいことである。
 
講演の最後に、道元から教えられた自分の心構えについて話した。

「生死事大 無常迅速」についてである。
これは、禅修行者に対する厳しい戒めの言葉として有名だが、私は道元の
「典座教訓」のエピソードに当てはめて皆さんにお話しした。

ある暑い日の昼間、道元はひたすら豆の皮をむいている寺の老料理人(典
座)に、暑いから涼しくなってからやったらどうだ、後輩の若い人にやらせたら
どうだと、労わりの声を掛けたそうである。
その時、老典座は道元を厳しくたしなめ、「あなたは修行が全く足りない、
これは私の命がけの仏道修行だ、私がやらねば、誰がやる、今、やらねば、
いつ、できる」と言って、黙々と仕事を続けたという話である。

もうひとつは、ある禅師の話である。

汚れた石をどんなに磨いても、金剛石(ダイヤモンド)にはなれない。
石はいつまでも石である。
しかし、磨きに磨いた石と石をぶつけ合わせると火花が出る。
火花は火となり、遼火となって野や山を焼き尽くすまでになる。

「草莽崛起」とは、そういう思いである。
自らが泥にまみれたまま、石同士で、互いをののしり合い、ぶつけあっても、
火花は起きない。
私たちは石である。
しかし、磨かれた石でありたい。

そう話して講演を終えた。

さて、二千人委員会も九月になり、一周年を迎える。
委員数一千八百人を超えることが出来た。
これも全て日本草莽の皆様のご支援、ご指導のおかげであり、この二千人
委員会の皆様のお名前をテレビ画面で見るたびに胸が熱くなる思いがする。

経済不況の中、大変高額なお金を毎月工面いただき、
心より御礼を申し上げたい。
同時に、昨年の九月に一年分を一括してお支払いただいた皆様には、
是非、どんな形でも結構なので、継続していただければと願っている。

政権交代によって、ますます私達の存在意義が高まり、同時に風圧も強まる
だろうと予想している。
私たちは、日本で唯一つとなった草莽テレビ局として、皆様の思いにおこたえ
する為にも、「草莽崛起」「敬天愛人」の社是とともに、これからも独立不羈の
姿勢を貫いていきたい。
 
どうか、共に歩まんことを。


Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

ひとりはみんなのために?

今日は総選挙投票日。
之を境に日本の命運が問われる一日になるだろう。

良くも悪くもどのような情勢になるか未来は見えない。

ひとつ忘れてはならないことは、私たちは日本国民であるということ。

この国で自分が成すべきことは何か、できることがあるはずだ。それを願いつつ投票に臨もう。


【直言極言】リベラルな世界観と日本人の世界観[桜 H21/8/29]
ちまたでよく聞く 
「ひとりはみんなのために みんなはひとりのために」 この言葉の真意は?
”日本人に生まれてよかった”そんな気にさせるお話です^^



Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

マスメディア徹底批判・キャスター大討論

動画の紹介。チャンネル桜の討論。今回も、神発言・爆弾発言が飛び交いますw

地上波TVでは絶対に見ることが出来ない内容です。

長いので時間のある方は是非ごらんください^^;

くだならい番組を垂れ流す末期症状のマスメディア


小沢一郎と西松建設の利権問題等。
西松が北朝鮮と深く関わっている事実をTV・新聞は隠蔽する。
「小沢を首相にしようと考えるような人間の頭の構造を聞きたいよ」~井尻先生


なんか議論が本題から逸れてきました^^;
ネットがマスメディアに取って代わろうとする風潮を考える
主に活字の衰退を危惧する意見とネット文化の新しい可能性を探る。

Category : チャンネル桜
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 3 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。