八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

緊急拡散:日テレ参政権賛否投票

日本テレビが、「外国人参政権付与法案」の賛否投票を2月3日(水曜日)まで募集しています。覚醒しているインターネットユーザーの皆様方の総力を挙げて参加しましょう。

他の周知活動を一時止めても、参加する価値がありますので、是非、友人・知人も誘って下さい。

日本人が意思表明できる、最高の場を提供されたと判断して、一気呵成に発信しましょう。

2月4日の小沢一郎の起訴に合わせ、読売新聞グループが小沢一郎一派を押さえつける道具としての意味もありますが、ここは相乗りして、一気に小沢一郎を潰すチャンスです。皆様、「国籍法改悪」以上の決起を宜しくお願いいたします。

■下記が日本テレビの賛否投票のアドレスです。

http://www.ytv.co.jp/wakeup/form/form_set.html


■ 丸坊主日記 http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/

■ WE LOVE JAPAN! http://blog.goo.ne.jp/appleciders

【ネットだけ転載フリー】ジャーナリスト・水間政憲 http://mizumajyoukou.jp/



金美齢さん
「(永住外国人は)税金も払っている」「共生です」
「優しくしなきゃいけない」と。

こんないい加減な理由なんですよ!

国会議員とあろうものがその程度の説明しかできない。
民主党全員がその程度の説明しかできない。
こんないい加減な理由で国の根本を揺るがすような法案を提出する民主党は

その程度の政党だと云うことなんです。





Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

民主党の異常さを知って、政治に疑問を持ってください。拡散希望

日本解体へのカウントダウン開始。年明け早々の通常国会がヤマ場となります。

民主党が推進する外国人参政権等の悪法が通れば、あなたの周囲にシナ人が住み着きます。

シナ中共(中国)の目的は日本の経済力を低下させ乗っ取ることです。

彼らは日中友好と謳いますが、本質は侵略民族です。これは歴史が証明しています。

現在の我が国日本の最大の国力は自衛隊ではありません。科学技術や人的資源を活用し世界と対等に競争して繁栄してきました。

今、民主党が進めている”事業仕分け”作業であらゆる分野の技術力・生産力・公共事業などを無駄!無駄!の一点張りで削減・廃止をし、結果、経済が疲弊していっています。日本にお金や技術・人的資源がなくなったら世界は相手にしてくれません。

これは冗談ではないのです。日本消滅が現実のものになろうとしています。

どうか少しでも疑問を感じていただき知り合いや家族に話しかけてみてください。

今ならまだ間に合います。情報はネットで検索できますので時間の許す限り情報収集と拡散をお願いします。



【ニコニコ動画】【キャスター討論】民主党政権と日本解体法案の行方(1/3)

【ニコニコ動画】【キャスター討論】民主党政権と日本解体法案の行方(2/3)

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

大人の対応が事態を悪化させる

なんのこと???、なにをしろと???と思われる方もいらっしゃると思います。
時間が限られている最中、乱暴なエントリになりましたことご了承ください^^;
追って情報追記します。





日本国の非常事態です。外国人参政権成立へのカウントダウンが開始されました。
すでに民主党が裏で動いています。(籠絡されている地上TVメディアは事態を無視)

理解したあるいは飲み込めていない方も行動を躊躇されてる方へ、出来ることはいろいろあります。

とりあえずは今の事態状況を周知・拡散してください。知人や家族にメールでも。
外国人参政権を知ってる?とでも良いので話題を振ってください。そして疑問を持ってください。
一人でも多くの人に知らせましょう。

とりあえずはこれ。
BNNプラス北海道365→http://www.hokkaido-365.com/news/2009/11/post-540.html
今週の365アンケート 「永住外国人の地方参政権は必要ですか?」
09年11月09日(月) 00時00分

mixi 「外国人参政権に反対する」トピ~”大人の対応が事態を悪化させる”より。

そして国民はもっと感情的に騒ぐだけ騒いで、政府を悩ませるくらいがちょうどよい
大人の対応とか言って何もしないのは、結局、政府にも外国にも舐められて自分たちに不利益が帰ってくるだけなのだし


正直な話、外国人参政権など、世論が反発して在日排斥運動が起こるとか
そういう事態になれば在日連中はすぐに引っ込めるよ。
盧武鉉政権時代に竹島問題とかで韓国への反発が強まっている間は、在日も静かになったのだからな。

竹島問題が紛糾しても、もし日本で韓国への反発が高まり。韓国人排斥運動とか韓国との断交運動でも盛り上がれば韓国側も竹島は騒がなくなるよ。

対馬の問題など良い例でしょう。
対馬の返還決議まで議会でやりながら、日本でさすがに反発が高まれば途端に静かになってそんな事は言わなくなっている。
マンガ嫌韓流のヒットで、日本のネット上で韓国への嫌悪感が広がっている事が知られると、韓国がやったことはネットの日本語サイトから日本人の顰蹙を買いそうな記事を一切載せなくなった。

こんなものなのだからな。
韓国にしても在日にしても、口では勇ましい事を言っているが、本音では日本と遣り合おう何て気持ちはまったくない。
だからさ、ちょっと反発が起これば慌てて大人しくなるくらいだ。
日本と本気やりあっても良いことなど無いということは、韓国の連中もよく理解しているから。
韓国の日本に対する対応は、檻の外から犬に石をぶつける悪ガキのように、自分たちが安全なところに立って日本を馬鹿にする事で自尊心を満たし、時には利益を得たいだけ
反日愛国遊戯を楽しんでいるだけに過ぎないのだから、リスクを負う気などさらさら無いのだよ

こういう騒動が起こるたびに「過剰なナショナリズムを盛り上げても良いことなどありません、大人の対応を取りましょう」などと
山本一太あたりがよく言っているが
しかし現実にはその大人の対応とやらが事態を悪化させているのだと、何で誰も指摘しないのかな。

盧武鉉政権の時にアレだけ騒いだが、韓国が具体的に日本に出来たことは、国連安保理入りに反対するのが精一杯だった。
結局、歴史やらなにやらで連中は日本に報復処置を行なうとか言ってもこの程度のことしかできないのだから、恐れる必要もたいしてないのだよ。


Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback

10・27 「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモと中川昭一先生追悼

※10月27日までこのエントリをトップに上げておきます。
イベントは無事終了いたしました。ご協力ありがとうございました。


10月27日は草莽崛起の日!
※奇しくもこの日は吉田松陰の150回忌でもあります。


今、民主党主導による日本国解体を招く諸法案が国会で成立しようとしています。
ほとんどの大手メディアは報じません。唯一産経新聞が頑張っています。

以下、皆さんの出来る範囲でご協力をお願いいたします。
賛同いただける方、遠方の方は請願書署名だけでもOKです。
周知・拡散・請願書署名・デモへの参加を呼びかけて下さい。


※確認出来次第、詳細や決定事項を追記・修正します。


10月5日追記
FreeJapan→http://mizumajyoukou.jp/?News%2F2009-10-04

youtube→http://www.youtube.com/watch?v=k-UjTLKKR_c&layer_token=91ecb64d273b09e2
ニコ動→http://www.nicovideo.jp/watch/sm8422502
追記ここまで


水間政憲氏のブログより以下転載



《10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ》

 貴方は、日本の国柄が突然ガラッと変わってしまうことが信じられますか。
それは、「家族の絆」「地域社会」「国の安全保障」を、次々に崩壊させてしまう法案が、
国会で成立することが目前に迫って来たからです。

 民主党は、国民の同意を得ることなしに、国の根幹を損ねる

「靖国神社代替施設」
「外国人参政権」
「偽・人権擁護法案」
「二重・三重国籍」
「戸籍制度廃止」
「夫婦別姓(選択制別姓)」
「女性差別撤廃条約選択議定書」
「1000万移民推進」
「日教組教育の復活」
「国立国会図書館恒久平和調査局」
「地方主権」「CO2 25%削減」
「東アジア共同体構想」

などを、数の論理だけで通そうとして
います。これらの法案の殆どは、都議選で一議席も確保できなかった社民党や、
民主党に巣くっている旧社会党の千葉景子法務大臣などが推進して来た法案です。

 マスコミは、これら日本解体につながる危険な法案を詳しく報道していません。
インターネットで危機的情報を確認している多くの国民の総力を結集して、
「日本解体法案」を阻止する為に「請願受付国民集会&デモ」を実施することになりました。


【開催日】:平成21年10月27日


【国民集会&請願受付場所】:憲政記念館講堂
17時~19時45分(16時30分開場)
 請願受付デモに参加しない方と年輩者の方は、直接、憲政記念館講堂に御参集ください。
〈尚:当日請願書を持参出来なかった方の用紙と筆記用具は受付に用意してあります〉

〔請願仲介国会議員〕
 稲田朋美衆議院議員、北村茂男衆議院議員、西田昌司参議院議員、義家弘介参議院議員

〔司会〕:西川京子先生

【請願デモ】:日比谷公園大噴水前を10月27日16時30分にスタートして、
17時30分を目標に参議院議員会館前歩道を目指して行進することになります。
国会議事堂周辺からは、道路でのデモが規制されますので、歩道を通行人の邪魔にならないように半分を空けての行進になります。〈プラカード等は各自持参して下さい〉

 そして、持参した請願書は、17時30分から国立国会図書館と国会議事堂の間の歩道を進み、憲政記念館講堂受付に提出して頂くことになります。請願書提出後は、請願受付デモの後列に復帰することを含め、各自に判断して頂くことになります。
〈尚、直接参加する方は、地下鉄「国会議事堂前」か「永田町」の駅をご利用く
ださい〉

 ※奇しくも10月27日は吉田松陰の150回忌でもあります。


【当日までの請願書受付先】:〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
FAX:03-3269-5873
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室

中山成彬東京事務所

【請願書宛名:鳩山由紀夫内閣総理大臣殿┃記載事項:反対理由:住所:氏名:年齢┃
用紙:A4サイズに一項目一枚に記入】


【発起人】(敬称略):中山成彬(元文科大臣)、前衆議院議員:戸井田徹、萩生田光一、赤池誠章、大塚拓、岡部英明、小川友一、鍵田忠兵衛、木原誠二、木原稔、近江屋信広、木挽司、坂井学、薗浦健太郎、高鳥修一、林潤、牧原秀樹、松本洋平、馬渡龍治、武藤容治┃板垣正(元参議院議員)、佐藤博志(英霊にこたえる会中央本部広報委員長)、小堀桂一郎(東大名誉教授)、小田村四郎(元拓殖大学総長)、西尾幹二(評論家)、佐藤守(元空蒋)、高橋宏(首都大学東京理事長)、松島悠佐(元陸将・中部方面総監)、田母神俊雄(前航空幕僚長)、阿部正寿(世界戦略総合研究所会長)、伊藤玲子(「建て直そう日本」女性塾幹事長)、加瀬英明(外交評論家)、村松英子(女優)、小林正(元参議院議員)、藤岡信勝(拓殖大学教授)、遠藤留治(日新報道社長)、高池勝彦(弁護士)、阿羅健一(近現代史研究家)、宮崎正弘(評論家)、奥山篤信(平河総合戦略研究所代表理事)、伊藤哲夫(日本政策研究センター代表)、山田惠久(国民新聞主幹)、水島総(日本文化チャンネル桜社長)、小山和伸(神奈川大学教授)、関岡英之(拓殖大学客員教授)、三輪和雄(日本世論の会会長)、永山英樹(台湾研究フォーラム会長)、岡本明子(ジャーナリスト・家族の絆を守る会事務局長)、水間政憲(ジャーナリスト)

賛同人:荒木和博(拓殖大学海外事情研究所教授)


【主催】:「請願受付国民集会&デモ」実行委員会
 佐藤博志、伊藤玲子、山田惠久、岡本明子、水間政憲


賛同団体:新しい歴史教科書をつくる会、全国教育問題協議会、新日本協議会、美しい日本をつくる会、新教育者連盟、草莽全国地方議員の会、漁火会、東京都教師会、戸塚ヨットスクール、中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国民の会、安岡教学研究会、外国人参政権に反対する会東京、湘南やまゆり学園、史実を世界に発信する会、二宮報徳会、河内国民文化研究会、教科書をよくする神奈川県民の会、神奈川教育正常化連絡協議会、兵庫ビジョンの会

【転載フリー】「請願受付国民集会&デモ」
 実行委員会事務局長 水間政憲 http://mizumajyoukou.jp/

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 4 comments  0 trackback

外国人参政権反対の声を上げてください

外国人参政権に反対する会 署名用紙(国会への請願署名)ダウンロード
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

外国人への参政権付与は憲法違反だ
第15条「公務員を選定し、および、これを罷免することは、国民固有の権利である」

詳細については以下の動画をごらん下さい。
この法案の成立に向け、民主党を始め公明党が躍起になっています。
このような法案が成立するようなことがあれば日本はオシマイです(;´д`)



youtube~SakuraSoTV
1/2→http://www.youtube.com/watch?v=hPMVRWxF0io
2/2→http://www.youtube.com/watch?v=XBV12NlGNSw



600人デモ行進!秋葉原【外国人参政権断固反対!全国リレーデモ 第3弾】
予想を遥かに超える参加人数!500~1000人の熱気溢れるデシュプレヒコール!

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。