八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

自民党は”戦後レジームからの脱却”を目指せ!

asohinomaru01.jpg
ねぇ死ってたぁ?さんのブログより画像を拝借。
 ~http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-1370.html#more


衆議院選挙に携わった方々、支援活動された方々、多くのみなさんお疲れ様でした<(_ _)>

予想通り自民党は大敗を喫しましたが、その分析結果は語りません。

それより大きな明るい兆しが国民の中に生まれています。

日の丸を振るという行動が群集の中で沸き起こったことです。

それだけ麻生総理に期待した人が大勢だという証でもあります。
(自民党にではなく麻生さんに対しての日の丸でありました)

”この人なら絶対大丈夫だ”と。 私もその1人です。

平成になってこれほど国民に活気を与えた総理はいません。

そして国民が動いたのです。日の丸を振って応援するまでに。
(日の丸=右翼などというレッテル張りは過去のものとなりました)


そして予想を期しての敗北。

麻生さんは、「自民党は体制を立て直して政権を奪還する」と宣言。

ここでひとつお願いがあります。

自民党が再生するために、立党の精神に立ち返り、
今なお続く、戦後GHQによる占領体制から脱却することです。

日教組によって封じられた戦前・戦時中の歴史の見直し。
自主憲法制定・教育勅語の復活・核武装などなど。

かつて安倍元総理は「美しい国を作る。戦後レジームからの脱却をめざす」と唱えましたが、
野党やマスコミのみならず自民党内からも足を引っ張られ退陣という憂い目にあいました。

麻生さんは昨年の所信表明でこう言いました。

 「日本は、明るくなければなりません。
幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、
驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、
わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、
実によく笑い、微笑む国民だったことを知っています。
この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。
蘇らせなくてはなりません。」


私はこれに強く惹かれ、希望を持ちえました。


自民党は、今回もマスコミの情報操作に惑わされ下野しましたが、小休止を取って
一度、国の外から内側を見る絶好の機会を得ました。

その時、目指すべき方向が見えるかどうか。

いいですか、自民党が復活し日本が安泰になるためにはこの道しかありません。

自存自衛の独立国家を再建するのです。


これが、最後のチャンスです。

従来の自民党政治では国民は見向きもしませんので、肝に銘じて欲しいところです。

真に目覚め改心すれば誠実な日本国民が付いていきます。

将来の日本国の分岐点は目前に。一刻の猶予も無いでしょう。


”国民と共に日本を護る”政党が生まれて欲しい。強いリーダシップを国民は期待しています。

このたびの選挙で一縷の希望が見えてきました。ありがとうございます^^


Category : 総選挙
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。