八雲庵~カート茶のBLOG | 日々のツイートのまとめ等

現行憲法の第24条について

「人間の捉え方」が唯物論的であり、これが現在の民主主義の根幹になっている。
日本はこの唯物論をもとにした現行憲法の上に成り立っている。

このようなことを書いたワケは、現在の日本の仕組みがすべて現行憲法で構成されているがために、
家族崩壊・ジェンダーフリー・国籍改正法 等などの悪行を引き起こしているのではないかと思ったわけです。この現行憲法の中の一つ、第24条について触れてみます。

第三章、「国民の権利及び義務」
 第24条 家族生活における個人の尊重と両性の平等 条文

1.婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2.配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


参考文献紹介
私の日本憲法論 (1980年) 谷口 雅春 (著)

一、理念篇 主として国体の真諦、及び民族の使命を主題とするもので、著者独自の実相哲学の立場より追求せる神理国家日本の理念に照らして現憲法を論じた五編より成る。
巻頭は、敗戦直後の昭和二十一年七月号の「生長の家」誌に堂々と発表された。著者の信念と憂国の至情ほとばしる歴史的一文である。三島由紀夫氏が「占領憲法下の日本」の序で絶賛した「生命体としての日本国家」をも本編に収録した。ニ、思想篇 三、時務・世道篇も収めている。
(生長乃家政治連合会長 田中忠雄 記)


以下、著書より一部引用。

Category : 憲法
Posted by カート茶(silvervine37) on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。